FC2ブログ
歴代のスキー板
. 2016/01/12(火)
◆ダイナスター デモ 8.8 195cm 1992年モデル
初めて自分で買ったスキー板。左右非対称のアンシンメトリーが斬新。内側が厚くなってて加重が上手く伝わると言う触れ込みに惹かれた。最上位の9.9の1つ下のグレード。

1996年くらいからはアニキの持ってたダイナスター コースSL クープドモンドを借りてたなぁ。SLだけあって小回りがバツグンに気持ちよかった。

◆ダイナスター アソートスペリオールインターナショナル 190cm 1997年
ジャン・リュック・ブラッサールに憧れて。モーグルの最上位機種。なのに190cmなんていう長さ。ハッキリ言って使いこなせてなかったなー。
ディナスターじゃなくてダイナスターの時代。

◆HART F17 CRV 174cm 2000年モデル
上村愛子に憧れて。(当たり前だけど)一番長く使った板。


◆アトミック D2 DEMO TYPE-S 165cm 2010年モデル


昔は身長プラス20cm以上、目指せメーター(2m)なんて時代だったけど、今では身長マイナス10cmとか。
ラディウスなんていう数値や板の巾なんて指標はにはなってなかった。カービング時代だね。
昔はラディウス(=板のくびれ具合)という概念があまり無く、僅かに板がくびれてるだけ。だから長い方がくびれ差の絶対値が大きくなるから、長い方がいい、っってことかな。

スポンサーサイト
スキー板売却
. 2015/12/31(木)
子供のスキーブーツがきつくなったので、買い替えでまたも永山ブックオフへ。
子供のは100円と150円。1000円くらいで買ったし、3,4年は履いたから十分かな。
DOの板はなんと、、、、値がつきません、とのこと。

16年落ちの2000年モデルとは言え、HART F17 CRVって言う上村愛子モデルなんだけど。。。
お持ち帰りしますか、と言われたけど使うことは無いし粗大ゴミ代も掛かるのでそのままに。
次回いくらで売ってるのか見に行こう。2,000円くらいで売るのかな?
スキー板購入検討委員会4
. 2015/12/29(火)
ATOMIC D2 DEMO TYPE-S 165cm 2010年モデルインプレ。

持つと重い。D2ダブルデッキというプレートが入っているので当たり前なんだろうけど、ホントに重い。
ただ、滑り出すと気にならないが、、、2本くらい滑ったら大体の感じが掴めた気がする。



確かに最近の(といっても5年落ちだが15年前の昔の板に比べると最近)板のカービングのしやすさは段違い。板を傾けるだけで勝手に曲がっていく、オンザレール感覚は新鮮。
山足の外エッジ(ターン中の1番内側のエッジ)に乗れるとさらに実感。こりゃ面白い。

小回りモデルとは言え、ターン後半でズレちゃうDOレベルだとロングターンも十分イケル。蹴りだす感じの昔風ショートターン (小回りパラレルと言うよりウェーデルン的なヤツ)でも十分こなせる。

コブはまだ試してないけど、バランス崩してのリカバリー時に重さが悪影響するのかも。。

総じて満足。同じ板で上手そうな人が何人かいたのも心強い。
スキー板購入検討委員会3
. 2015/12/13(日)
子供のスキー教室用のカバンを物色しに永山のブックオフに行ったらなんと、TYPE-Aの169cmとTYPE-Sの165cmがあった。
中級グレードのVF-1もあったが、スキー場では見栄が大事だと思ってるのでやはり最上位機種のTYPE系だよな。
TYPE-Aの160cmがあれば迷わなかったのだが、、、、最終的にはTYPE-Sに決定。ヤフオク最安レベルではないけど平均レベルだし、値が吊りあがるリスクと送料を考えれば、まぁいいか、と。毎晩ヤフオクと睨めっこするのも疲れたし。

年末スキーが楽しみ。
スキー板購入検討委員会2
. 2015/12/07(月)
調べてみるも面倒になり、一旦気に入るとそれの良いところ(記事)ばかりを見てしまう恋愛体質。

結局、アトミックのD2 DEMOのTYPE-AかTYPE-Sに絞る。TYPE-Aはオールラウンドタイプで各インプレで絶賛。TYPE-Sはショートターン向きでTYPE-Aほどではないが高評価。コブ好きなだけに小回りに拘りたい気持ちがあってて、TYPE-Sにしようかな。。。でも大回りで飛ばすのも楽しいし。。。

長さは身長マイナス5~10cmの165~160cmを考えてて、短い方が回し易いと思ってるので、中大回りのTYPE-Aなら160~165cm、小回りのTYPE-Sなら165cm。なのにTYPE-Aの売れ筋で市場に出回ってるは169cm。これも悩みの一つ。
スキー板購入検討委員会1
. 2015/12/05(土)
数年前に子供をスクールに入れたついでに自分もスクールに入った際、
「上手ですけど昔の滑り方ですね」「昔の板だから仕方ないんですよ」とコーチからキツイアドバイスを頂いたトラウマがあり、替えたいと思っていたものの、子供の世話をしながらだから大して滑れないし、、、なんて思ってた。
昨シーズンの3月で子供たちがかなり滑れるようになって、だいぶ自由に滑れるのが分かったので、今シーズンは板を買い替えようと思った次第。

とは言っても新品は10万くらいするし、初心者向けはプライドが許さない。コブ好きとしてはID-oneの中古を探すも高いかちょうどいいのがない。子供が滑れるようになったとはいえ、昔のようにコブをガンガンとは行かないだろうと思い返し、デモ系を物色。

3万以内、5年落ち以内で探していると、アトミックが目に付く。D2(ダブルデッキ)という仕様がインプレで高評価。ほかにはフィッシャーのプログレッサーやサロモンの24hoursあたりが良さそう。他にもありそうなので調べてみるか。。。

ピラタス蓼科スキー場
. 2015/03/15(日)
いつもの息子友達家族と八ヶ岳へ。
昨年2月同様、男親と子供だけのチャレンジメンバー。
昨年はあの記録的豪雪のときで最悪だったが、、、今年は晴れ!

ロープウェイのピラタス蓼科に行ってみたいとのこと。20年くらい前に1度だけ行ったことがあり、ロングコースで楽しい印象があるが、子供がどうだろう?
友達家族の女の子(妹さん2年生)は来ないので、なんとかなるか?ウチの娘(1年生)はお兄ちゃんたち(4年生)よりアグレッシブだから問題なし。

スキー場までの最後の登りがかなりキツイのでヒヤヒヤだったが、大した積雪もなく無事到着。アウトバックなら全く気にもしないで逆にイケイケで楽しんだだろうが、、、スキーに来る度にゴルフだと残念な気持ちになる…

20年前は無かった気がするクワッドリフトで数本。最大20度弱の中斜面が1.5kmくらいと快適。ベースが1771mと高いので3月ながら雪質は良い。



続いてロープウェイ。


標高2237mの坪庭は完全に冬世界。



数日前に降雪があったようで樹氷がキレイ。



恐らく北横岳ヒュッテへ行くであろう雪山登山者もいて、楽しそう。



林間コースで麓まで4kmのロングコース。


20数度の斜面がちょっとあるくらいで、富士見パノラマほど急じゃないので子供たちも快調。子供たちが勝手に滑ってくれるし、前回は気になった肉離れも全快したので全開で飛ばせた。
ここまで飛ばせるようになると現役(?)気分になってきて、新しい板が欲しくなった。来シーズンは先が尖がってない(=今風)板が欲しいな。。
今の板は2000年シーズン上村愛子モデルであるHart F17。先が尖がってるのがスキー場で浮いてるから…

数年前に子供と一緒にスキースクールに入ったとき、「昔の滑りですね」「板が昔のだから、それでいいんですけどね」とコーチに言われたのがトラウマだったり。。。_| ̄|○
ま、20世紀の滑りであることは間違いないが。。。

昼は、スキー雑誌投票で全国2位との「おすすめランチ」1100円。


鳥の半身のローストが思った以上のボリューム。ライスを全部息子に上げたけど、ビールと合わせてお腹一杯。下手なカレーで1000円とかよりよっぽどお得。

夜は手巻き寿司。男親だけながらそれなりに形になったかな。



子供たちを遊ばせておいて、お父さん同士で結構イイ語りをしながらの飲み。
アラフォーで会社での立場も上がってきて、家族を支えて…背負うものは多いですな。
男親だけで気ままにルーズに、昼も夜も楽しかった。
富士見パノラマスキー場
. 2015/02/08(日)
快晴で降雪後とあって雪質良好。
まずは短めリフトで足慣らし。

肉離れした転倒箇所。こんな緩斜面で…




あとはゴンドラで上がって上部リフトで数本。それからゴンドラ何本か。天気がよくて雪質が良く、圧雪も効いてるので、子供たちが速い速い。。。
肉離れ後で80%の滑りながらも全く待たされる感はなく、DOと同じペースで滑れる。
1年ぶりでお付き合いの奥様が1番遅い。独身時代は八方尾根でよく滑ってた奥様だが…
富士見パノラマ、滑り応えでは八方のリーゼンかスカイラインクラス。子供たちがこれだけ滑れるようになったから、これからは楽しめそう。
肉離れ
. 2014/12/30(火)
前日初滑りを終え、今日は天気も良く、DOも子供たちもヤル気マンマンで朝から富士見パノラマ。

子供たちは前日と同じスキー場ということもあってブーツをちゃんと履かせたらさっさと滑り出してしまったので、いつもは行っているストレッチを行わずに慌てて追いかけて滑り出す。

滑り出しは20°程度の中斜面が数ターン、後は15°程度の緩斜面
滑り出しが混んでるので一気にトップスピードで滑り降りようとしたら、、、
北斜面でまだ雪面が緩んでおらず、昨日に比べ雪面が硬く荒れており、、、
で、右ターンで硬いギャップ?雪塊?に山足内エッジが取られた、、、
山足(右足)が引っ掛かって後ろに引っ張られる形で大転倒。

転んだのはいいのだが、、、
あれ?足が痛い。右足裏、ふくらはぎから足首に掛けて激痛が。

やってしまった。。。

そのうち治るのを期待してビッコ引き引きゴンドラで上部に上がるも激痛で満足なターンができない。
腱?筋?を伸ばす動きで激痛、左ターン(右足谷荷重)は完璧にテールをスライドさせての踏ん張りターン。右ターンもギャップの上下や振動の微妙な吸収動作が激痛。上部のリフト1本乗ってゴンドラコースを麓まで降りるのが精一杯。

子供たちは元気一杯なので、下部リフトを子供たちだけで1本滑らせて満足させ、がまんならずにレスキューへ。
レスキューにお世話になるのは2回目だ。。1度目はコチラ

レスキューでは左右のふくらはぎを見比べて「腫れてますねー。骨は折れてないみたいので今日は帰って安静にしてください。明日になっても変わらなければ病院に行ってください。とのこと。」
リフト券売り場でリフト券に1日スキー保険がついてるような案内を見た気がして聞いてみたら、付いてないとのこと。帰りに窓口を見たら『1日券に付いてないので付けませんか?』との案内だった。。

病院に行ってみるも、すでに年末休日モードで誰もいない。夜間休日診療も午前中だけみたい。救急扱いにするのもなんなんで、マツキヨでシップを買って様子を見ることに。
富士見パノラマスキー場
. 2014/12/29(月)
奥様が仕事なので子供2人を連れて八ヶ岳の実家別荘にスキー。
前日着で前夜は次兄夫婦と宴会。やや頭痛い。。

去年の状況からして難易度を上げてもよかろうと、3km30°のゴンドラコースのある富士見パノラマに挑戦。
下部にリフト4本で3つのコース、ゴンドラで上部に上がり、上部にリフト2本で2つのコース。ゴンドラから下部へ3kmのロングコース。

20°程度の初中級コースは問題ないのでゴンドラで上部へ。下部はガスってたけど上部は雲を抜けて見通しがよい。降雪後で雪も良い。

この辺からガスの中へ。


午後からだったのと午前中は雪が降っていたのとでコブ気味のギャップが多く、DOは楽しいが子供たちにはハードかも。
30°の急斜面を激ハの字直滑降でズリ降りてしりもちついてる娘(小1)の姿にちょっとスパルタだったかな。。。とヒヤヒヤしたが、なんとか完走。(完滑?) ま、スキーは転んだ方が上手くなるから。(勝手な持論)


斜度はまだしも休みなしなのが疲れたとのこと。

富士見パノラマ、スキーでは15年ぶりくらいだったけど楽しめた。
ゴンドラがありながら子供のリフト券が1日2000円、半日1500円というのも魅力。シャトレーゼや富士見高原だとリフト数本で1日3000円するから。。今年は富士見パノラマにハマりそう。
シャトレーゼスキー場
. 2014/03/22(土)
先月の大雪時に息子の板を無くしてしまい、見つかって預ってもらってたので再訪。1ヶ月前にスタックした場所は信じられないくらいの斜度。降ったばかりの新雪の恐ろしさを実感。

無風・快晴、前日の寒さと小雪で圧雪の効いた絶好のコンディション。久々に中/大回りを満喫。
谷足が山足のブーツにつくくらい広いスタンスで思いっ切り踏み込んでエッジを効かせて。

幼稚園児の娘は怖いもの知らずで32度を滑り降りるし、3年生のお兄ちゃんよりよっぽど速い。上達はするだろうけどケガもするだろう。。ヘルメット買うか。。




最後に一人でコブ斜面にアタック。・・・全然ダメ。


5,6ターンしか続かないし、何より板を下に向けられない。体力不足と気合不足。ケガしたら帰りの運転が、、、と思った時点で歳だね。

終日天気がよく、八ヶ岳も南アルプス(北岳,甲斐駒)もクッキリ。



八ヶ岳高原大橋からは赤岳、権現岳がよく見えた。


赤岳(2899m)は小1と小4で、

権現岳(2715m)は小5と中2に登った。

そろそろ子供を連れて登りたいが、、

結局、ベースキャリアは買わずじまい。1時間程度ならトランクスルーでOK。


大雪一過
. 2014/02/09(日)
晴天。一晩で積雪70cmくらい?
八ヶ岳は雪が降らないとこなのでびっくり。



子供たちはカマクラ作ったりソリで遊んだり雪合戦したりと楽しんでた。せっかくきたんだから、こういう天気もないとね。

八ヶ岳シャトレーゼスキー場
. 2014/02/08(土)
記録的大雪の予報の中、いつもの息子友達家族と八ヶ岳へ。
金曜の夜、ギリギリまで悩む。息子は「お父さんが危ないって思うならやめる」と聞き分けのよいことを言うが、娘の「行きたい」という言葉で決定。

・DO家は奥様が所用で来れない
・友達家は娘がインフル明けなので母親共々来れない

ということで男親と子供だけというチャレンジメンバー。

大人の手が1人なので早朝着にしようと思ったけど、雪が降り出す前に着こうと思い、いつも通り深夜着。

朝起きたら大雪。スキーをしない選択肢も脳裏によぎったが、友達家は予定通りスキー場で合流するため早朝発で直行しているとのことで、出発。

娘は正月のスクール効果が目覚しく、最大14度の斜面を1人で滑りきることができるようになった。
息子の方は1人で好きに滑れるようになり、友達父に預けて中上級コースにも行けるようになってた。





シャトレーゼだけにお菓子配ってるのを貰ったり、娘とまったりしてたら…息子が転んで板が外れてしまい、雪に埋もれて見つからなくなってしまったとのこと。友達父親も転んだ現場をみていないので場所が分らず、一人でトボトボ歩いて降りてきた息子はさすがにしょげてた。。

ただ、転んだ場所は大体分っていたので、総合案内で見つかったら連絡くれるようにお願いしたら、その日のうちにパトロールの方が探してくれて見つかったとのこと。
ホッと一安心。3月に受け取りついでに再訪決定。

クルマの方は全然ホッとできない状況。別記事でまとめて記載。
富士見高原スキー場
. 2013/12/31(火)
信州スノーキッズの特典でスクール2,000円引きがあるので、これを活用するため最寄の富士見高原スキー場へ。
他にもリフト1日券無料と、1,000円の会費で5,000円相当の特典。小学生以上なら入らない手はない。

9時からのスクール受付で8:30に着くも既に10人待ち。年々待ちが早くなる。。。息子はジュニアA・B・CのうちBに(上から2番目)、娘はキンダーA・BのうちA。



手が離れた2時間、半日券でガッツリ滑る。
25度程度のちょうどいい中斜面、600m弱のリフトを7,8本滑って満足。
ショートターン(昔で言うウェーデルン)ではテールが流れ、ロングターンではキレイな弧が維持できず。
ミドルターンはまあまあ気持ちよく滑れたけど、いずれにせよエッジに乗れてない。板の手入れをしてない以上に脚力・柔軟性の低下が顕著。
昔のホームゲレンデである八方尾根とは違ってファミリー向けスキー場だから廻りのレベルは大したことないけど、自分もその大したこと無い部類だな。。(;´Д`)

息子はBクラスでは物足りなく(昨年はAだった?)、娘は1人でリフトに乗れたと喜んでた。
ポジションはいいが、手が下がってる

ま、最初は後傾は仕方がないか…


次回は2月に友達家族と。子供たちが今から楽しみにしてる。
車山高原スキー場
. 2013/12/30(月)
前日、次兄と飲みすぎたため朝イチからのつもりが午後から。車山高原はDOが初めてスキーをした場所。思い出深い。。
小学3年、父と次兄とで行った。Gパンで滑らされ、当然転びまくってビチョビチョ。寒さからトイレまでガマンできず、トイレじゃないところでしてしまった。。あのときは父を恨んだもんだ。。

当時のDOと同じ小学3年の息子は、幼稚園時代からスクールに通っているから、
20度くらいの斜面は問題なし。幼稚園年長の娘は去年10度弱の斜面を抱えながら一緒に滑っただけなので流石に手こずった。

奥様・息子組は5,6本滑って、DO・娘組はなんとか3本。最後に息子とクワッド1本。息子と2人ならストレスなく滑れるくらいに。3年生でこれだけ滑れればいいね。

天気が良く、浅間山、北八ヶ岳・南八ヶ岳、南アルプス、富士山とよく見えた。

私をスキーに連れてって
. 2013/12/26(木)
言わずと知れた、スキー映画の名作。
年賀状を書きながら見るのが毎年この時期の恒例行事。気分はスキーモードに切り替え。
中学生の頃に見て、大人になったらあんなスキーライフを!と思ったもの。
高校はバスツアーだったけど、大学・社会人ではクルマで実家別荘・友人別荘や会社保養所コテージで男女仲間とワイワイだったのは似てるが、鍋、焼肉など自炊で飲んだくれ、が定番。映画みたいにロッジでオサレに。。。ではなかったなぁ。

スキーはクルマで行くもの!と強く憧れただけあって、新幹線、飛行機でのスキーは生涯一度も行ったことない。
つまり北海道スキーは未経験。最北で蔵王。シュテム程度の奥様が独身時代に何回も北海道スキーに行ってるのに。。

◆改めて時代を感じる点
・事務所の机でくわえタバコ
・端末画面が緑の文字
・バブル絶頂のファッション、髪型
・カーステ(死語)がカセットテープ
・公衆電話で連絡

◆昔から気になっている点
・あんなにスキーに行く気マンマンなのに、なぜ事前にスタッドレスに交換しておかない??
・エンジン掛けていきなりあんなに吹かしちゃダメ
・エンジン掛けてライトつけたはずなのに、発進と同時にライト点灯
・ガレージの照明付けっ放し、シャッター開けっ放し
・1/1に付き合い始めた割に、2/14の予定を入れる時点で「"最近"付き合い悪い」とは・・・?1月上旬でどんだけ?

ま、そんなのは差し置いて、20年以上経っても楽しく見られる映画。

ユーミンの
・サーフ天国スキー天国
・恋人はサンタクロース
・ロッジで待つクリスマス
・A happy new year
・ブリザード
に、雪物語を加えればスキーに行く車内BGMはカンペキw
幼稚園家族でスキー
. 2011/02/11(金)
息子の幼稚園の友達2家族と実家別荘にてスキー。

子供同士が仲良くて、奥さま同士が気が合って、
家族構成が似てて、男親も穏やかで性格的に合いそうで、
かつ、アウトドア志向な家族と、奥さまが約束してくれた。
(幼稚園児にスキーをさせるのは
 親がそれなりにアウトドア(スポーツ)に理解が無ければムリ)


ホスト役で張り切っていたのだが、、、
ご存知、3連休初日は全国的に荒天。
普段は大して降らない八ヶ岳周辺が一晩で積雪30cm超。
しかも降り続いてる。
ってことで、別荘に戻って雪遊びでも、、、
と思って別荘に戻る最後の急坂で。。。

DOのアウトバックは難なく登れたのだが、
連れのFF車(スタッドレス)が登れず、苦戦。
歩いて見に行けばいいのに、
なにを思ったか、バックで降りて行ったのが運の付き。
登りは4WDの強みは発揮できても、
下りはタイヤの性能のみ。
で、止まらず、側溝へ。。。。事故発生14時。

4WDだからっていいトコみせようとしてハマった。

登れない1台はチェーンを買いに街に下り、
JAFを呼んで、違う道からもう1台(スタッドレス+チェーン)を
別荘に案内して、とりあえず、別荘で雪遊びしながらJAF待ち。
JAFが遅いので、クレジットカードに付保されている
レッカーサービスも念のため呼ぶ。

そこへ、チェーンを買って戻ってきたお父さんが、
「DOさんのクルマ、ぶつけられてますよ」
( ̄□||||!!・・・・・・・16時。

泣きながら現場へ走っていくと、
S川急便の軽トラがDOのアウトバックの反対側の側溝に脱輪してる。
オッサンがいて、事情を聞く。
坂道で止まれず突っ込んでしまったとのこと。

泣きっ面に蜂とはまさにこのこと。

P1100049s.jpgP1100046s.jpgP1100047s.jpg


この大雪で警察は来れず、事故検分のため、
1時間もかかる警察署へ来てくれとのこと。。。

18時頃、クレジット手配のレッカーが来て、作業開始。
そんな中、JAFのレッカーが近くまで来て、
位置確認のため、隊員携帯より連絡が入る。
結果的にJAFは4時間。クレジットは2時間。
JAFをキャンセルし、クレジット手配のレッカーにてDOのクルマは無事復旧。

しかし、相手のクルマは地元の知り合いに頼んだというが、
何時になるか分からない状態。
2台一緒で警察署に行かないと検分はできない。
あと何時間待たせるんだ、、、と愕然。

そこで、閃いた。相手がJAF会員か問いただしたところ、会員とのこと。
じゃあ、今さっきキャンセルしたJAFのレッカーに来てもらえば!
ってことで、先ほど着信のあった、隊員携帯に直談判。
普通だと受付順のところ、警察へ行く事情を話しつつ何とか来て貰い、
19時作業終了。
警察着が20時。ものの5分で事故受付完了。
21時に別荘帰着。

ホント、みなさんお騒がせしました。。。
食事は済ませたものの、なんと飲まずに待っていてくれてたとのこと。
初対面初日なのに暖かい心遣いに感謝感激。
役立たずのホストが1番飲んだくれ。

翌日は無事、3家族で親子スキーができた。

3家族とも第1子は男の子(息子及び同級生)
第2子が女の子、(1家族はさらに第3子に男の子)、
と家族構成も似てるので、行動範囲も同じような感じで一緒に動きやすい。

なによりご両親が良い方たちで、
人見知りなDOながら楽しく過ごせた。
子供たちも仲良く遊べて楽しそうだったのがなにより。

一人のお父さんは某社で自衛隊車両の設計に携わったとのこと。
マニア話をもっと詳しく聞きたかったけど、またの機会に。

もう一人のお父さんはキャンピングカー。
キャンプとか大好きとのことで、
夏は一緒にバーベキューとかで遊べたら楽しいね。

春スキー
. 2010/03/22(月)
息子と八ヶ岳の実家別荘へスキー。
もうすっかり春モードでザラメ雪もいいとこ。
そうそうに引き上げた。
とは言え、1シーズンに3回行けたので、だいぶ馴染んだはず。
女子モーグル予選&決勝
. 2010/02/14(日)
長野五輪を機にモーグルにハマり特に上村愛子を応援し、
昨日も上村愛子が使っていたモーグル板、ゴーグル、同じメーカーのウエア、ストックで
滑った身としては身としては、ついに集大成と言った感じ。

結果は本人の望んだ形ではなかったにせよ、お疲れさま。
八ヶ岳スキー
. 2010/02/13(土)
長男一家が八ヶ岳の実家別荘にスキー行くので、DOと息子で便乗。
奥さまと娘は留守番。犬の世話もあるし。

息子と長男の子供3人、つまり従兄弟同士ということで仲良く遊んでもらう。
DOも子供の頃はこの別荘で従兄弟たちと楽しく遊んだので、
親としても感無量。

スキー場は正月に行った別荘近くのではなく、
30分程離れたシャトレーゼスキーリゾート八ヶ岳。
道中、完全積雪路で、兄のクルマ(ウインダム3.0)はFFでフラフラしているところを、
AWDの本領発揮でグイグイ行ける。
AWDにスタッドレスを履いてて良かったと実感する瞬間。
ふざけてオーバースピード&急ハンドルでテール滑らせて遊んだり。

不器用な息子に、ついキツく指導してしまい泣かせてしまうも、
帰りには「またスキーしたい」とのこと。

従兄弟のお兄ちゃん、お姉ちゃんに教わり中
P1060293s.jpg


父親からは「まずは楽しませて、興味を持たせるように」とのメールが。
いくつになっても、父親は越えられんね。。
こればっかりは子育てしなけりゃ分からない。
スキーデビュー
. 2009/12/31(木)
年末年始休みは八ヶ岳の実家別荘へ。

P1050837s.jpg息子のスキーデビュー
5歳2カ月


P1050773s.jpgリフトも初めてでゴキゲン


PC313260s.jpg娘は1日目はソリデビューしたが食いつきが良くないため、
2日目は別荘前で雪遊び



PC313267s.jpg道でソリ遊び



朝イチリーゼン
. 2008/03/23(日)
昨夜のオーナーの話に甘えて、寝ている子供の面倒をお願いして、
友人と2人、朝8時からゲレンデへ。目指すは朝イチリーゼン。

午前券とも思ったけど、子供が待っていることもあるので、
区切りをつけるため、回数券に。

 リーゼン~グラード~表うさぎ~黒菱(整地)~
  ~表スカ~裏うさぎ~パノラマ~女子滑降~北尾根

チャンスカ廃止とゴンドラ回避(回数券なので)のため、
チャンピオン~セントラルだけは滑れなかったけど、
八方のメインどころは全て制覇。

満足!!
ワガママに付き合ってくれたヂョージ、ありがとう。
やっぱスキーは楽しいな。
ソリ(3回目)
. 2008/03/22(土)
白馬で息子の3回目のソリに挑戦

八ヶ岳と違ってソリ用ゲレンデにバリエーションがないので
飽きちゃって雪遊びに没頭。
まあ、天下の八方だから仕方なしかと。

SANY0466s.jpg



夜はヒュッテにて旧友との再会&飲み会

友人の兄家族が子供連れだったので、息子も混ぜてもらい、多少は手が離れてくれた。

数年ぶりにお会いしたオーナーである友人父からは、
私に対する期待と失望と今後の目標を頂きました。(詳細はヒミツ)
ひとつ感じたのは、独身の頃より、私を確立した世帯主として見てくれてる感じが。

子供を横に置いてご飯食べさせてたら、
 「そうやってちゃいかん。あっち(子供たち)に混ぜないと」
 「オマエだって子供離して飲みたいだろ」
 「オレも飲みたかったからそうしてた」
といったお話を頂き、至極同意。
オーナーさんも同じような道を辿ってきたようで、尚更強く語ってくれたみたい。

奥様は「まだカワイそう」と言うかもしれないけど、
そこは男親と女親の違いと言うことで。
両の親が甘やかせてたら、箱入り息子に。。。

それと、
年末年始は若者でドンチャン騒ぎで過ごすのが常だったけど、
今年からは家族中心にするとか。
独身者は禁止or子守役ならOK。だそう。

ここ数年は子供がいるからスキーお預けだったけど、
上記のオーナーさんの話も含めて、そろそろ復活できそうな流れが。


私が20代後半でバリバリ現役だった7,8年前、まだ中学生だった友人妹と再開。
我々がビールやらチコで一気飲みしてるのが楽しそうだったようで、
三女コールとともにジャワティーを一気飲みしてた彼女。
いまや女子大生、を卒業して4月から社会人。

みんな変わっていくね。年取る訳だ。。。



ソリ 2回目
. 2008/02/23(土)
正月に続いて2回目のスキー(ソリ)

すっかり気に入った様子で雪の中で夢中になってる。


SANY0341s.jpg


SANY0342s.jpg



前の週に来ていた長兄一家が作った“かまくら”に興味津々。

SANY0351s.jpg


SANY0368s.jpg




初ソリ
. 2008/01/02(水)
いよいよ息子の雪デビュー。
家での雪は経験してるものの、所詮神奈川の積雪。
本格的な雪を経験させないと。と、
正月休みを兼ねて実家の八ヶ岳別荘へ。


まずは別荘の周りの道でお散歩。

SANY0109s.jpg



次の日はいよいよスキー場(正確にはソリ広場)デビュー。

SANY0148s.jpg



2時間ほどだったけど楽しんだ様子。
前日にアルペンで買ったスキーウエアも気に入ったようでなにより。

今シーズン、もう1,2回は行きたいな。
トリノオリンピック 女子モーグル決勝
. 2006/02/12(日)

 スキー活動が一時中断しており、現役とは言えないので、口先だけですが、、、

上村愛子、残念でした。
里谷多英、良く頑張った。
伊藤みき、これからが期待。

てな感想ですね。

独身時代、
レベルや次元や根本は別物にせよ、気分はモーグル大好きで、コブ斜面ばっか行ってた。
とはいってもモーグルコースだけを目的にスキー場行くことはなく、
エア台があれば、遊びで飛ぶ、程度。
エアはモーグルコースのみでしかできず、ゲレンデの天然コブでは実践不可能。
だもんで、
私の中でのモーグル気分ってのは、コブを攻める+エア台があったらたま~に遊びで飛ぶ。
ってなもんで、当時から、

主: スキー大好きなので、滑るのが好き  =モーグルで言う、ターンとタイム
従: 楽しいことも好きなので、飛ぶのも好き =エア
でした。

で、結婚を気に、スキーへ行く機会も減り、同時にモーグル界はエア偏重の流れ。
 ※確かにビッグエアは見てて素直に感動するし、カッチョイイと思います。
でも、
主:ターン・タイム 従:エア の私にとって、
(採点配分はどうあれ)
主:エア  従:ターン・タイム 的な世間の流れが、どうも、、、、でした。

前置きが長くなってけど、
日本勢の惨敗の理由。まさに上記の通りじゃないかと。

私がハマってたころの、リレハンメル後~長野~ソルトレイク前 の、
日本勢の売りは滑りだったと思います。

長野五輪の里谷多英なんか、他の選手のエアはダブル・ダブルなのに、
ターン・タイムで優位に立ち、ダブル・シングルで優勝している訳ですよ。

その長所の磨きをかけつつ、エアを伸ばす。ならいいけど、
優位だからとターン・エアを軽んじて、現状維持+αで、エア偏重になってしまったのが、
日本勢の敗因かと。

だから、私のスキー活動と日本勢の成績は正比例。<なんとも強引なまとめ