ナビスコ優勝
. 2009/11/03(火)
ナビスコ決勝のため、高速バスにて上京。
1日だけの日帰りなのでクルマだとコストパフォーマンスが悪いため。

社宅の目の前が高速バスのりばで、
八重洲口まで1時間強で1,700円。

実は高速バスに乗るの産まれて始めてかも。。
貸切観光バスはあるけど、、。
予約も無しで座席があるのか!?トイレは!?
なんて不安(疑問)と共に乗車。

いつもはかっとんで行く東関道もバスだとノンビリ。
天気が良いし、普段の運転中では見れない景色を眺めながら、
と、意外と飽きもせず、東京駅に到着。これはラクだ。。

乗車率20%程度でやっていけるのか疑問だが、
電車が1時間に1本しかない土地では、
座ったままで東京駅まで行ける利便性は貴重。
是非とも廃止せずに継続してもらいたい。

新百合ヶ丘で奥様+子供二人と待ち合わせし、実家へ子供を預け、
途中、デパチカで食料を買い込み、いざ国立競技場へ。

結果は2-0で完勝。
昔からのチームスタンスである「堅守速攻」に加え、
梶山の中盤でのキープ力が加わり、
川崎の3トップの超攻撃陣を完封。
サッカーの試合としても見ごたえのある内容だった。

帰りは実家に子供たちを迎えに行く。
長男の子供たち(=いとこ)ととっても楽しく遊べたようで、
子供たちは楽しそうだった。
自宅の最寄り駅まで送っていき、改札口でバイバイ。

見えなくなるまで手を振って、寂しさを堪えつつ、チ葉県への帰路に着く。

そして、奥様からのメール着信

 駅で別れた後、息子が寂しくてしばらく泣いていた、と。
 しかも、号泣ではなく、ガマンしながらポロポロと。。

このメールを見て、電車の中でホントに涙が流れた。。

帰りの高速バスの中で、

 父親として、オレはここにいて良いのか
 家族と共に過ごすべきではないのか
 目に入れても痛くない、宝物のような息子を泣かせるなんて、
 父親失格ではないのか

と言った想いが錯綜しつつ、
でも、いざ家族をチ葉まで帯同しても

 ようやく慣れてきた、息子の幼稚園(=幼いながらも大事な人間関係)
 昼間の留守を守る奥様の交友関係(=家事育児の相談相手)
 実家へのアクセス(=子供たちの祖父母・いとことの関係)
 結局、昼間は仕事だし、遅くなれば子供は寝ている時間に帰宅

を考えると、週末帰省の方がベターなのは明白。。

遠距離恋愛経験者としては、駅での別れの辛さは経験済みだが、
子供との別離は恋愛どころじゃない、
愛情と責任の入り混じったなんとも出来ない苦しい気持ちナリ。
寝てる子供の顔を見ながらの出発の方が
子供が悲しまない分、何十倍も気が楽。



帰り着いて試合の録画を見ながら独り祝勝会。
これで負けていたらホントいたたまれなかっただろう。。。

久々に奥様と二人で出かけてゆっくり話せる機会が出来たのも良かった。
ともすれば、日常に忙殺されてまともな会話も出来ない日々。
独身や子無しに比べると皆無に等しい自分たちの時間(と金)だけど、
子供たちのためにお互い今出来ることをがんばろう、と想いを再確認。
この10年が人生の踏ん張りどころだね。。
子供の笑顔がなにより。時間やお金では得られないもの。priceless

チームの優勝、家族の絆の深まり、と、とてもプラスな一日だった。
(それだけに、息子の涙がツライ、、、)
スポンサーサイト
ナビスコ決勝
. 2009/11/03(火)
ついにキタ━━━(゜∀゜)━━━!!


FC東京 vs ウンコターレ もとい 川崎フロンターレ


5年前を思い出す

5年前の今日は君たちはまだ産まれていなかった


5年前の優勝にあやかって君の名にその一文字を付けたんだ
(後付け。ホントはもっと前から決めてたが)


富士山がキレイに見える@幕張 高速バス


東京ドロンパ
. 2009/03/07(土)
開幕戦ということで急遽観戦決定。

奥さまは友人と会う&子供二人を実家に預かってくれるということで、
単身で味スタへ。

2002年来の観戦仲間が席を取っておいてくれて合流。
一緒に観戦するのはナビスコ決勝以来。
(ナビスコ決勝の2週間後に長男誕生。以後家庭人に)

結成以来マスコットキャラのいなかったFC東京も
ついに今年度からマスコットキャラが登場。


てっきりクネクネくん(DO命名)がマスコットかと思ってたが。。。
IMGA0023.jpg



名づけて「東京ドロンパ」

P1020349s.jpg
ジャニーズバリにローラースケートで登場。


P1020354s.jpg
これまたジャニーズ系の
イケメンダンサーと共に
ラップでグルーヴ(意味不明)


P1020358s.jpg



試合内容には触れないでおこう。

久々の友人との再会。
お互いそれぞれに年をとったなぁ。というのが印象。
駅から近いから今年からG2席にしたって。。。。。

FC東京 VS ガンバ大阪戦
. 2006/10/22(日)
旅行から帰ってきて家に着いたら、後半30分0-2のビハインド。
あーあ、と思いながら見てたら、
なんと7分間で3得点の大逆転!

いや、今日見に行った人はラッキーでしたな。
味スタで半年振りの勝利、今期最大動員、首位争いのチームに対しビハインドからの逆転、
とお祭り条件そろい踏み。

我が家でも2人して大騒ぎ。
石川の華麗なトラップにビックリ

平山デビュー 友人もデビュー!?
. 2006/09/30(土)

平山デビュー戦ながら1-4の惨敗。

いや、平山デビュー戦ながらってな訳ではなく18位中14位と、
入替戦対象の16位まで勝ち点10差(3連敗3連勝でひっくりかえる)、
とあってはうかうかしていられない状況。
たいがい入替戦って下部から上がってきた方が勢い乗ってて強いしね。

しかも、今後の試合は、全てが上位チームと対戦とあって、
ここで勝ち点3を取らないと、今後は勝ち点が期待できない。

なのに、、、、。
まあ、負けてしまったのは仕方がないので今後の奮起に期待するしかないか。。

それよか、試合結果とは裏腹に、今日は大収穫。

毎年恒例のテディベアデーということで、
ご来場者、先着20,000名様にミサンガ付抽選券配布。

で、抽選で
 5000名にFC東京特製ベアストラップ
 500名にFC東京特製ベア
 2名にドイツ.シュタイフ社製テディベア
が、当たる。

で、なんと、クジ運のない私がベアストラップゲット!

さらに、
奥様がトイレに行った折り、偶然、高校時代からの友人TSYくんに出会う。
でなんと、TSYくんが女性連れだった!との報告!
TSYくん曰く「ああ、連れ」との回答だったとのこと。

「関西人なら異性でも、連れ=単なる同行者 だけど、
関東人なら異性の連れは=※▲□だよね!?」
ってな感じで、もうね、奥様大興奮ですよ。私も。

奥様が席番を聞いており、3ブロックほど隣だったため、
そのあたりを注意してみていたら、、、
いた!トイレから帰ってきたTSYくんと連れの女性。
異性への気配りに疎い(?)TSYくんはスタスタと階段を降りていき、
慌てて小走りに後を追う小柄な若い(推定25~35)女性。

あの、後追いの感じからして、女性はTSYくんを友達以上に感じている!
と直感した私は、速攻、TSYくんの下へ。以前の観戦仲間の下へ。

子供が産まれるまでは一緒に観戦していただけに席が分かっている以上、
顔出ししなきゃね。ってな名目で。
(子供が産まれてからは、席取りに貢献できなくなり申し訳ないので、
 奥様と二人で空いてる席を適当に見つけて、残念ながら彼らとは別席観戦)

挨拶ついでにお顔を拝見してきました。
勢いに任せて「彼女?彼女?」とツッコミましたが、
歓声に遮られて双方の声は明確に届かず。残念。。
TSYくんもなんか一生懸命言い訳アピールするようにしゃべってたんだけど。。


で、さらになんと、観戦仲間がFC東京特製ベアに当たったとのことで、
子供にあげるよ、と言う言葉に甘えて頂いちゃいました!
一時期クマ愛好家だった私としては、なによりの収穫。

試合はボロボロでしたが、とってもハプニングの多く、
夫婦共々、試合内容とは違う意味で盛り上がった1日でした。


ちなみに、同席していたもう1人の観戦仲間に、
TSYくんと女性との関係をメールで問い質したら、
「もうちょいっすね(爆)」とのこと。

奥様は大興奮で、すっかり「TSYくんの彼女だよ、きっと!」
と大盛り上がりで、「くっついたら家に呼ぶ!」、と意気込んでおります。。


ちゃかされるのがキライなTSYくんですので、そっとして置、、、ける訳ないじゃんねぇ。
今度会ったら、思いっきりツッコもう。

ビールDAY & ファイヤーワークス
. 2006/07/29(土)

実家のツテでFC東京 VS サンフレチェ広島の招待券をゲットしました。

SB指定で1枚4500円相当×2枚

奥様が枝豆を茹でて持参、
調布パルコでツマミ(ヤキトリ・銀たこ)を大量に買い込み、いざ出陣。
 SANY7435s.jpg


 いつも見てるところのちょうど真上の2階席です。








この日はビールDAY & ファイヤーワークスDAYで、ビールが50円引き。
で、FC東京タンブラーだと150円引き(通常は50円引き)

しかも缶ビールじゃなくて生ビール売り場を発見。
いつもと違う席なので見つけられた。

350ml缶ビールが定価500円。(割引で350円)
生ビール(500ml相当)が定価650円。(割引で500円)

150円UPで缶ビールが生ビールになるなら断然、生でしょう。
生ビール2杯、缶ビール1杯頂きました。


ハーフタイムにはワーイヤーワークスの花火。

SANY7431s.jpg
 間近でみる花火は極上










まあ、試合結果は敢えて触れずにおきましょう。。

イタリア優勝
. 2006/07/10(月)

イタリア VS フランス対決。


歴史で言うと、
 ローマ>>>ガリア(現フランス一帯の旧称)

クルマでいうと、
 イタ車>>>フラ車

料理・ワインで言うと、
 イタリアン>>>フレンチ


どうも私はイタリア好きフランス苦手らしい。



ローマのパブリックビューイングがチルコマッシモで行われたと知って感動。
ローマ市民の熱狂の場。

2000年前と変わらぬ光景。ローマ皇帝も感無量でしょう。

中田ヒデ引退
. 2006/07/06(木)
中田ヒデが引退表明しましたね。

まあ本人の決めたことですので仕方ないとして、
アタマに来るのはマスコミの扱い方。
ワールドカップの戦犯扱いで叩いておきながら、手のひら返してヒーロー扱い。
WBC時のイチローと比較して、人間性までこきおろしたりしてたくせに。


大体ワールドカップだって、実力的には予選突破は厳しいのに、
気合いで勝つ!勝てる!みたいな風潮だったし。


最近マスコミの扇動とも情報操作とも思える流れに
なにかと裏を勘繰ってしまうことが多い。おっさんなのか、素直じゃないのか。
W杯 準々決勝
. 2006/07/02(日)
イングランド vs ポルトガル

ドイツ vs アルゼンチン

と、PK戦が続きますなぁ。

PK戦で思い出すのは、やぱ、ナビスコ決勝。vs浦和

前半20分から延長まで10人で戦い抜いて、そしてPK。あの時の感動は忘れられない。

だもんで、イングランドに勝たせたかったなぁ。ルーニーもあそこで手が出るあたり、まだ若い証拠。ルーニーがレッド貰わなければ、イングランドが勝ってたかと。

10人とは思えない見応えある試合でした。

2006 FC東京発観戦 VSジュビロ
. 2006/04/08(土)

子供を実家に預け、奥様と二人、2006FC東京初観戦。VS.ジュビロ磐田。

なんだかんだいって、赤いトコ(鹿島・浦和)や3色(横浜)には勝たり負けたりだし、
ガンバや名古屋も苦手意識があるとはいえ、負けっぱなしってことはない。
ただ、ジュビロだけは別格。
磐田まで遠征し、雨の中、屋根もイスもない立見席(なのに2500円!)で、
1-6で完敗したのがもっとも苦い思い出。

だけど、ついに去年ジュビロに勝ちました。
しかも、妊娠~出産のため数年振りとなった奥様の生観戦という御前試合で。

子供誕生以来、めっきり生観戦が減った私が観戦した試合は好戦績(対マリノス大勝とか)だし、
その、ラッキー二人がそろって観戦となれば、昨年同様ジュビロに、、、
という期待通り、3-1の完勝でした。

子供誕生以来、初めての夫婦そろっての観戦。これからも実家に預けつつ、観戦したいです。

サッカーが分からない1歳児には2時間超座りっぱなしは酷だし
(暴れて動き回る子供を連れて行くのは周りの観戦者にとってはただの迷惑でもある)、
おじいちゃん・おばあちゃんも喜ぶし、
なにより私たち夫婦もゆっくり見れるし、

で、一石三鳥。

060408_1538~01.jpg

さぼてん謹製
FC東京 勝サンド

カツサンド好きにはねがってもな






SA310013s.jpg