新年ご挨拶
. 2014/01/01(水)
明けましておめでとうございます。


当ブログは私個人の備忘録程度。facebook要素でありつつ、ツイッター的な呟きを含め、好きなネタを勝手に書いてる。

facebookも書いてるけど、会社関係は一切ナシ、「昔同じ学校だった」くらいの友達候補はこちらからは友達申請しない、のでfacebook友達は増えない。
ツイッターのアカウントはあるけど書き込んだことない。
LINEも相手から引き合いのあった極少数とのみ。
Mixiはこの半年ログインしてない。


ってことでまあ、リア充気取らずにマニアなネタ含めて好き勝手書けるブログが一番筆が進む。遡った日付で書き込めるので日記用途としても便利だし。
ホームページの日記から通算するとそろそろ満13年ながら、半年前までの明らかなリピーターは旧知の名古屋、大阪のみ。
あと、今年の年賀状で静岡にもいることが判明(今度、ゴルフと二郎行こうか)。数年前の年賀状では兵庫にも読者がいるらしい。
と、完全に日記帳・チラ裏状態。

ところがゴルフ7購入以来、急激にカウントが増えてる。私自身、他の方のブログが参考になったので、ネット世界に恩返しの意味もこめてゴルフ7の最新情報を提供しようと、多少は意識してゴルフ7ネタを多くしてた。
今後、ゴルフは次々と新型仕様が出てくるので、DOのゴルフ情報は旧式化していくが、ゴルフ3とゴルフ7の2台のゴルフユーザーとしての拙い知見を引き続き提供していくつもり。

その他ネタは引き続き思いつくままに…

本年もよろしくお願いします。
(最初と最後だけ「です。ます」調)
スポンサーサイト
クリスマスと年賀状
. 2010/12/24(金)
世間はクリスマスイブだけど、

 キリストの産まれた情景を考えると、
 モミの木も雪も後から作り上げた虚像だ

という思いはあるくせに、世間に取り残されるのも悔しいので、
ピザとチキンとワインで乾杯

そして年賀状書き。
単身赴任という時間的制約から、
昨年から写真屋での印刷という負け組みだけど、
宛名の手書きと一言コメントだけは譲れない。

ブログ読者
. 2010/01/02(土)
年賀状を頂いた方の中に、
「たまにDOさんのブログのぞかせてもらっています」
とのうれしいコメントが。

だもんで、創作意欲が湧いてきて
さかのぼって大きなイベントをUPしようと思う。

復活のきっかけくれてありがとです。
2010年目標
. 2010/01/01(金)
≪家族≫
一緒にいる時間を大事にする
親孝行

≪仕事≫
新任地での人脈形成
既存業務の移管及び新規業務習得
管理職登用内々定(させられる)


≪個人≫
テニスの継続
ゴルフの本コース挑戦(親孝行・仕事と関連)
週に1日以上のブログ更新
週に1日以上の休肝日

を目標に。
酒呑みの戯言
. 2009/05/17(日)
海原雄山は、

 冷やし中華を作るとき、
 調味料まで産地を統一して山岡さんを圧倒した。

 京極さんに鮎を御馳走するとき、
 京極さんの生まれ故郷の四万十川の鮎を出して歓喜の涙を流させた。

 (ともに海原雄山は山岡さんの奢りを叱責し、山岡さん深く反省)

つまり、
『最高のマリアージュは同郷から生まれる』
と、DOは思い込んでいる。

こと新婚旅行でイタリアへ行きイタリアンが大好物となったDOは、
 『イタリアンにはイタリアワインが必須』
ってことで今夜はイタリアン。

P1030258.jpg国旗と同じ色合いであり
イタリアンを代表する料理であるカプレーゼ


P1030260.jpg国旗と同じ色合いで
マルガリータ王妃にちなんだピッツァマルゲリータ
左がモッツアレラ 右はノーマル
やはりモッツアレラの方が(゚д゚)ウマー
バジルは自家製



P1030257.jpgお気に入りのイタリアワイン
デイリー用に実売598円とリーズナブルながら、
ミディアムボディのしっかりした味わい
ベリンダコーリー オデッセイ

1000円以内のワインは数十本飲み比べたが、
デイリーにはこれがベスト。
3日で無くなる。


いや、ホントはウマけりゃなんでもいいのよ。
形に拘ってちゃウマいもんも台無しになるから。
酒の味だって大して分かっちゃいない。

ただ、酒ってのは気分(=雰囲気)も重要な味わいの一つだと思ってるから、
チーズだけに限っても

 モッツアレラならイタリアワイン
 カマンベールならフランスワイン

という組み合わせにして、
イタリアやフランスの地に思いを馳せながら、
ローマ やガリア の歴史を思い返しながら、
味わうとより一層楽しめると思わないかーい!?(髭男爵風)


自称“下戸”なりに“山崎”を楽しむsoshiのスタイルは大事。
2009年目標
. 2009/01/01(木)
≪家族≫
一緒にいる時間をより多くする
親孝行

≪仕事≫
既存の業務は問題なくこなしているので、
仕事の移管と次のステップへ向けスキルアップ

≪個人≫
テニスを継続
隙をみてゴルフに挑戦(親孝行と関連)
定期的な読書
週に3日以上のブログ更新

を目標に。
2008年総括
. 2008/12/31(水)
2008年総括

≪家族≫
順調に育っており、大きな身体的問題はなく一般的な子育て生活。
(奥様はワガママな子供たちに毎日キレてるけど。。)

≪仕事≫
人事制度の統一があったが、
実務上の目立った問題は無く、業務改善が進み順調。
過去のヤマ場に比べるとラクな毎日。
 合併(2005年)
 新経営移行(2006年)
 システム統合(2007年)
過去2年は退社時間24時過ぎが2ヶ月続くとか
退社時間21時がごく平均。
という、今では考えられない状況だったので。。

≪個人≫
テニスを復活した。
上記、仕事の改善による退社時間の改善の影響もあるけど、
週1時間半、汗だくになって運動することの
肉体的改善を実感することによる意欲継続も大きい。
親父から誘われているゴルフもデビューしたいが、
週末を1日つぶしてしまうと言う時間的な問題が大きく、
動き出せない。
スキーも同様。
なので、平日の会社帰りの時間を使えるテニスは最適。
ライフワークとして続けて行こうと思う。

本を読む量が増えたのも、やはり退社時間改善の影響。
これも続けて行きたい。

ブログも1週遅れではあるが、なんとか継続中。


こうやってみると、
家族、仕事、個人(趣味)と言うのが
生活の優先順位なんだろうね。。
(占有時間は仕事、家族、個人、の順)

自分の中で思っている、ごく一般的な30代半ば男性の生活を
過ごしていると思う。
欲を言えば、個人の時間を増やしたいが、理想と現実はつきもの。

IFの世界で考えると、
独身だった場合、
親しい友人が結婚して子供が出来ている状況で、
独身生活が楽しめるとは思わない。
新しい友人を作ってるとは思うが、
寂しがり屋のDOの場合、旧友たちから取り残されてる感で焦ってると思う。
結婚はしても子供がいない場合も同様。

※結婚観、子供観、つまり人生観は人それぞれなので、
 これはもちろんDOの場合。

20代半ばのときに考えた「10年後は何をしていたいか」
と思っていたこととほぼ同じ現状であることを考えると、
今が幸せなことであり、それを喜ばないと。

子供に「パパ一緒に寝ようよ」と言われて寝る幸せは
他の何物にも変えられない。
お金では買えない。priceless

来年は、仕事の時間をさらに減らして、
家族と個人に廻すことを目標にしたい。
ライフワークバランスってヤツですな。

が、入社13年目を迎え、そうもいかないだろうな。。。

クリスマス考察
. 2008/12/25(木)
クリスマスについての考察は過去してありました。

2003年12月23日版
http://www.k2.dion.ne.jp/~do-yu/diary/diary03.12.htm
より抜粋
 そうそう、クリスマスを祝うのは中世(17C頃)ドイツで始まったそうで。
 ゲルマン民族の森林(精霊)信仰に端を発しているんだとか。
 キリスト教の聖地であった古代ローマの主観でいくとゲルマンやケルトは蛮族だけど、
 精霊信仰とか聞くと自然の神秘を感じちゃうね。
 そもそもクリスマスのイメージ、つまりはキリストの産まれた場所のイメージって、
 雪の降り積もったモミの木などの針葉樹の森の中の馬小屋
 ってイメージを持ってる人が多いだろうけど、あれはドイツの12月25日の情景。
 実際はユダヤのベツレヘム。ユダヤってのはパレスチナ地方。
 パレスチナ問題の映像で分かるように砂漠に近い乾燥地帯。
 そう考えると今のクリスマスってなんか違和感が。。。


2004年12月25日
http://www.k2.dion.ne.jp/~do-yu/diary/diary04.12.htm


そして、今年はロバート・ラングトン博士の説に影響を受けまして。。
クリスマスは12月25日。
クリスマスはイエス・キリストの誕生日。
というのが通説ですが実際の誕生日は不明。もっと暖かい時期だったと考えられる。
羊飼いが野宿しながら生誕を祝った。というくらいだし。
では、なぜ12月25日がクリスマスになったのかといえば、
紀元後のヨーロッパを支配していたローマ帝国の昔からの主要宗教である、
ミトラ教の太陽神ミトラの誕生日が12月25日だったから。
新興勢力であるキリスト教の指導者たちは、人々に違和感無く乗り換えさせるため、
既存の宗教と同じ日を記念日とした。

他にも色々な事例がありますが、詳しいことはラングトン博士まで。

ラングトン博士の説を読んで以来、キリスト教は極めてご都合主義である。
との感が強まった。
イエス・キリストが興したのではなく、弟子たちが興した宗教であり、
イエス・キリストの人物像も、いわゆる奇跡も、全て教会権力者の
取捨選択によって決められた。
これを決定付けたのがニケーア公会議。
イエスは神の子か(=神)、それとも神と会話できる人か(=人間)を、
なんと投票によって決めた。
そして、勝者の神の子派は、人間派を異端とみなし、弾圧。
様々な奇跡を綴った都合のいい記録(福音書)だけを残し、
意にそぐわない記録は全て焚書した。
なぜかといえば、
イエスを神としておけば、神と唯一接することが出来る教会の権威が保たれるから。
イエスが人間となると、教会を通さなくても
第2第3のイエスが現れれさえすれば良い訳だし。
(イエスの子孫なら文句無し。だからイエスの血脈の存在を教会は恐れた。。。)
これがご都合主義と言わずしてなんと言おうか。

同様の事例として、
戦中戦前の日本でも「天皇は神だ」という思想・教育によって国民を支配統一した。
が、戦後、天皇は人間宣言をされた。
同様に、イエスは人間だった。と思います。
それらを考えると、クリスマスに対し、神聖な気持ちなど湧かなくて。。。。
イベントとしては楽しみますがね。

ちなみに、ラングトン博士のお話は、「ダヴィンチ・コード」「天使と悪魔」で読めます。
オススメ。
年賀状
. 2007/01/04(木)

子供ができるとお約束の家族写真子供の写真。

今年も「宛名は手書き」を自分の気持ちとして続けている。
奥様も同じ考えらしく、宛名印字しようと言い出しもせず、手書き。
受け取った年賀状の8割方は宛名印字だったからまあ、時代なんでしょう。

ただ、宛名印字、内容も印字。一言の手書きコメントもない。
のは受け取ってもさすがにチョト淋しい。
「元気ですか?」「今年もよろしく」 程度の社交辞令だろうと、
手書きで書かれてると和らぐんだけど。。

昔からの友達とかって筆跡見ただけで誰か分かるから、
字を通して相手の顔が見える手書きってイイもんだと思うんだけど。。。

正月総括
. 2007/01/04(木)
祖父の本命日のため青山墓地へ。

今年の正月は家族親族行事に終始。
20代の頃は正月休みを最大限に遊びに使ったけど、
この歳になりかつ子供も出来ると相応の過ごし方になっていくものだと実感。
まあ正月とかの長期休みじゃないと、しっかり一緒に過ごす時間もないしね。

前は正月はスキーだ!って思ってたけど、今は正月は家族で過ごしたい、って本音で思う。
スキー熱がなくなった訳じゃないけど、いまやるべきことは子育てだし、
そもそも不思議とスキーを我慢して。って感覚もない。

あと数年(早ければ来年)したら子供連れて正月スキーかな。

あけましておめでとうございます
. 2007/01/01(月)

今年もよろしくお願いします。

さて、DO家初めてのおせち料理。
今までは、実家で食べるからいいや。とお雑煮くらいで済ませてたけど、
やはり子供に教えるためには簡単でもそれっぽくしよう、ということで。
とはいえ、まだ食べないだろうから簡単最低限で。

こういうのを教えていくのも親の義務。
キチキチとするつもりはないけれど、自分たちが親から教わったものを
子供に教えていかなければ。

SANY8041.jpg











初詣は犬も連れて近所の神社へ。
子供がいない頃は鎌倉とか大きなところに行ってたけど、
子連れでは厳しいし、なにより地元氏神様が1番大事。

SANY8061s.jpg










仲良く歩く家族を見ていると、彼らを守り、養っていくのが、親としての義務であり、
また、この姿を見ていると今年1年頑張れる、頑張ろう、と思います。

2006年総括
. 2006/12/31(日)

2006年総括。

今年は思いつくようなトピックスがない。
  子供はまあ順調に成長
  仕事は相変わらず多忙
が生活のほぼ全て。

反省点として自分自身がサビついてきたのが実感。
 「結婚して子供がいて、何を今更」
という諦めと甘えが肉体的・精神的に若さのハリを失わせている。

経済的な制限が著しく、
自由に使える資金が独身貴族の10分の1程度という現実は避けられないが、
30代前半最後の年として、
できるところから改善することが来年のテーマになりそうです。

冥王星 惑星から格下げ
. 2006/08/25(金)

すいきんちかもくどってんかいめい

が、

すいきんちかもくどってんかい

になってしまうんですね。。冥王星の惑星格の格下げ。。。残念。

今回の決定のおかげで、銀河鉄道999は停まらなくなるし、
ガラスのクレアさんやメーテルの生身の身体の保管場所はどうすんねん。

惑星じゃないから地球防衛軍の守備も疎かになり、
デスラーに占領されて遊星爆弾の発射基地になって地球アボーン。
反射衛生砲とか設置されちゃって打つ手なし。

大変なことですよ。。

ここへ来て天文熱が急騰。
冥王星。
英語のプルートが名称らしいけど、
冥王といったらギリシャ語でのハーデスでしょ。

ローマ文化好きな私としては、ローマ語で呼んで欲しいねえ。
せめて準じてギリシャ語で。
木星はジュピター(英語)じゃなくて、ゼウス(ギリシア語)、よりもユピテル(ローマ語)

星座等天文関連は神々の名前が付けられているのが多く、より一層興味をそそられる。

そうでなくても、
海王星の暗黒班周辺の大気は時速2000キロ(!)の風が吹いている。
とか見ちゃうと、一晩中webサイトめぐりですよ。

で、画面じゃ飽き足らず、明日図書館で関連物を借りてきそうな悪寒。。


追伸
soshi殿
コメントありがとうございます。気が付きませんで。。
コメント返しをすればいいのか分からないので、この場でお返事。

ブログはラク。だけど、なんか作ってる感がない。書いてるだけって感じで。
まあ、私は時間がないのでやむを得ないところ。