アウトバック買取査定 C社
. 2013/06/30(日)
8年7ヶ月、14万キロ、買い取り日は8月中旬、の条件で13万~15万円。
8月に入るとバイヤーが休みに入るので、値が付かないとのこと。
4WDなので夏を過ぎると冬に向けての在庫取りとして
東北方面で引き合いが増えてくるとのこと。

ディーラー下取りは輸入車ディーラーということで値が付かず、G社査定5万円に5万円乗せて10万円。
ディーラーの場合は自動車税1.3万円が別途還付されるくらい。。

乗ってる分には全然現役なのになぁ…
手放すクセして矛盾した感情。
スポンサーサイト
クルマ購入検討委員会26 Golf7HL試乗
. 2013/06/30(日)
Golf7の試乗フェア。
ディーラーに試乗車が届いてるはずなのに営業マンからは連絡無し。
契約してしまえば終わりかい!という不信感とともに、ディーラーへTEL。
「今日お電話しようと思ってたところでした。お電話頂き申し訳ありません」と。んー、なんだかなぁ。

で、ディーラーへ。
展示車はHLのタングステンシルバーメタリック。


◆エクステリア
リフレックスシルバーと比べて深みがあってしっとりとした感じ。(露出ポイントを間違ってて全体に明るくなりすぎ。実物はもうちょい深めの色合い)
室内照明よりも屋外で見るとよりキレイさが分りますとのこと。

ボンネットフードのプレスラインが強烈。Golf7はこのプレスラインが売りなので、明るい色が映えるそう。


プレスラインがある車は多いが、ここまでシャープに入ってるのは珍しい。
Golf7に限っては黒だとプレスラインが目立たなくて残念な感じとのこと。
「黒好きなので実は黒が良かったなー」と言ったからフォローかも。

Golf6との大きな違いがこのプレスライン。6は谷折りに対して7は山折り。谷折りと山折りで印象がかなり変わる。


プレスライン間も6は丸みを帯びているのに対し、7はかなりフラット。
ライト周りはもちろんだけど、この辺りがシャープかつロー&ワイド感を強調してる。

ルーフにもプレスラインが。と言ってもこの辺は分る人には分ると言った程度。



◆インテリア
茶色のレザーシートは好みでは無いとして、ピアノブラックの内装が微妙。テカリすぎてて悪く言えば下品一歩手前。ここはつや消しブラックにすべきだったかと。。


電気式パーキングブレーキのスイッチは思ったより小さい。

USBポートに持参したiPhone5を接続してみたけど、MEDIAモードにしても認識せず。
Golf7のヨーロッパ発売はiPhone5の発売と同じく2012年秋だから対応してないのは当然か。
iPodのUSBケーブル忘れたのでiPodのテストできず。一縷の望みを残して次回テスト。ダメならAUXか。。

メーターはシンプルで見やすく260kmまで刻まれてる。



パドルシフトはクリック感があり非常に好感触。スバルとは質感が違い過ぎ。


シート下には小物入れ。便利そう。


リアシートは拳1個分。ヘッドスペースは拳2個分。


アームレストにはドリンクホルダー、エアコンの吹き出し口有り。
娘はこの2つがあるだけで「これ(この車)買って」だって…

ラゲッジは高さ2段階調節でき、上段だとフラットに。奥行き5分の1あたりに折り目が付いてて、角度を付ける感じ。



リアゲートの取っ手はVWマーク(V以降同様)。電磁式で開ける時と閉める時は電磁音がする。勢いを付けなくても手を離せば自然と閉まりロックする。

カタログではリアカメラが付いてたので掴みにくいのでは?と思ったけど、
リバースに入れたときだけレンズが出る仕組み。良くできてる。

リアゲートを開けるときはカメラは出ない。

ACCのミリ波レーダーとシティエマージェンシー・レーンアシストのカメラ。



◆試乗
試乗車はHLのDCC付きパシフィックブルーメタリック。



契約時、タングステンシルバーとパシフィックブルーが選べてタングステンシルバーにしたが、標準車がパシフィックブルー推しなので、パシフィックブルーにすれば良かったかな、、と散々悔やんだ。が、実際に見ると青みが浅過ぎ。キレイではあるけれどDOの好みではなく、タングステンシルバーで納得。
標準車にすればナイトブルーが、、、となると納期は、、、予算が、、、
と振り出しに戻るので『たられば』は終了。

◆静粛性
エンジンを掛けた瞬間!エンジンが掛かったのが分らない、、、くらいエンジンの振動が無い。
走行静粛性は超絶的!とは思えず。もちろんXVハイブリッドよりは明らかに上だけど、ロードノイズはやや入ってくる。タイヤの問題かも。
DCCを切り替えるも、DOのレベルでは試乗街乗り程度では差は良く分らない。言われれば段差通過時に、、程度。

◆エンジン・ミッション
試乗だから遠慮して開度80%で踏み込んでみると文句無しの加速。
低回転からパワフルだが3000回転からもう一度力強さがくる。
と言っても制御できない程の圧倒的な加速!とまでは感じず。100%踏み込んだら違った?
走り屋じゃないので必要十分。1.2LのCLはHLの8掛けとしてもDOには十分だな。。


◆アイドリングストップ・ACC
アイドリングストップからの始動は気づかないほどスムーズ!という訳ではなく、
まあ、普通に始動って感じ。ただ始動の振動自体は極めてスムーズ。
2シリンダーモードの切り替わりは全く気付かず。

ACCで停止してからの再発進は便利。設定速度も0~160kmまで10km刻みで可能。
この2つがスバルのアイサイトと大きな違い。
アイドリングストップ時は電動パーキングのオートホールドON/OFFによって再発進の手順が異なる。

※うろ覚えなので不正確
 ONの場合:エンジン停止→フットブレーキ踏む → 離す →再始動→再追従。
      フットブレーキ離すが始動条件らしい。
だから一旦フットブレーキを踏む必要有り。
 OFFの場合:エンジン停止→アクセル踏む or RESスイッチ押→再始動→再追従。
      電気的にフットブレーキを踏んでいる状態(ブレーキランプ点灯)。
      だからアクセルONの発進指示入力だけでフットブレーキが解除される。

それなら、常時オートホールドOFFの方がいいじゃん、と思うけど、
ホントに停車するときは手でパーキングブレーキ操作が必要となるため、どっちもどっちか。
どちらにせよ、うろ覚えで不正確なので再度確認が必要。

ACC追従モードのまま右折レーンに入ったら、指定速度まで加速して交差点に直進進入しそうになった。
また、営業マン曰く、追従モードのまま微速ノーブレーキで交差点を曲がった場合、曲がった先が空いてると指定速度まで加速するとのこと。
※ブレーキを踏めばACC解除。
共に意図していない動きであり危険な事例。ACCは街乗りでは使わない方がよさそう。


◆デアエアステ
最後に、納車前点検中の限定車(デアエアステ)のCLを見せてもらった。
(DOはCLを契約してるので特別?)
外から見ただけだけど、シルバーグレーのヘアライン加工の内装がとてもキレイ。HLより断然こちらが好み。



LEDランプ無しのバイキセノン。LEDが無い部分はメッキ加工してあり、これでガマン。



デアエアステCLのタイヤはダンロップ SP Sport Fast Response 205/55R16。
聞いたことないけど、ローグレード欧州車向けでメルセデスA,BクラスとアウディA1に装着されてる。
http://tyre.dunlop.co.jp/tyre/lineup/oeh/index.html

ADAC(ドイツ自動車連盟)のタイヤテスト評価で5段階上位の「良い」の評価。
他はコンチのConti Premium Contact5も同評価。ピレリのCinturato P7が中位の「満足」。
http://www.adac.de/infotestrat/tests/reifen/sommerreifen/2012_Sommerreifen_Test_205_55_R16.aspx?ComponentId=113497&SourcePageId=31821

ちなみにHLはピレリのCinturato P7 225/45/R17。中位の「満足」。
http://www.adac.de/infotestrat/tests/reifen/sommerreifen/2013_Sommerreifen_Test_225_45_R17.aspx?ComponentId=160352&SourcePageId=31821

タイヤ自体は悪くなさそうだけど、サイドウォールに丸みがあってモッサリしてるし、5本スポークのホイールも目を見張るデザインではない。


標準車はミシュランのエナジーセイバー(のはず)でホイールは10本スポーク。
デアエアステは日本向け決定前の発売だから欧州向けの装備品になったのかな?
7,8万の差がここに出た?DOの場合、予算的にこの7,8万が出せないし、車検切れのリスクは避けたいので納得する。

◆2014モデル
予算は気にせず、納期も年内を越えるリスクがあっても平気、かつナビが必要なら、もう数ヶ月待って年明け納車の標準車の方が良いかも。
ナビは18万くらいだから、限定車とナビ付き標準車で25万の差。
ナビ不要なら限定車がお得。

納車までまだ1ヶ月以上あるから、もう一度は試乗したいな。CLがあれば尚更。
マンション防災訓練
. 2013/06/30(日)
起震車、消火器、AEDを消防署の方が用意して頂きました。



理事会の方たちが理事会活動に熱心で、ベランダの避難用壁※と同材質のパネルを用意して頂き、蹴破る訓練をしました。
 ※「非常の際はここを蹴破って隣りへお逃げ下さい。
   この付近には物を置かないで下さい」ってヤツ。
子供たちが挑戦。



会社では防災訓練を実施する立場なので消火器やAEDは経験済みだけど、
これは珍しくて良かった。参考にしたい。

普通救命講習受講済、防火管理者、安全管理者、衛生管理者もやってるので、会社で災害があったら、、、
((;゜Д゜)カ゛クフ゛ル
銀八 ネギトロと炙りサーモン丼
. 2013/06/28(金)
全国部長会議で本社出張。
いつもの海鮮丼の店、銀八。
やや腹の調子が悪いので、日替わりじゃなくて、ノーマルメニュー。
ネギトロと炙りサーモン丼。味噌汁がついて490円。


空飛ぶ広報室
. 2013/06/23(日)
奥様が日曜ドラマ「空飛ぶ広報室」にハマった。

子供に見せるために羽田空港行ったり、厚木基地行ったりしてるのを
「自分が見たいからでしょ」と冷やかに見てたくせに。。
乗り物好きなので、確かにその通りなのだが(汗)

放送してるのを知らなくて、
6話くらいに「これ面白いよ」って、、もっと早く教えんかぃ!
レコーダーからも消されてるし。。
(月曜の朝が早いので、日曜の夜は21時就寝)

まあ航空ショーに見に行く気マンマンになってくれたのは幸い。

原作が図書館で400人待ちだというので、さっそく買ってプレゼント。


DOも読みたいけど、

 小説>>>越えられない壁>>>映画・ドラマ

という信念なので、DVDが出て全話観てから小説を読もう。
TRF イージードゥ・ダンササイズ
. 2013/06/23(日)
奥様がママ友から借りてきた。懐かしい~
カラオケやベルファーレ(1回だけ行った)で踊ったなぁ…

やってみた。

ムリ。CHIHARUさん、そんな動きはアラフォーにはムリです。

老けたSUMさんのパートが1番易しかった。。それにしたってかなりの難関。
クルマ購入検討委員会25 XVHV試乗
. 2013/06/23(日)
アウトバックの点検プラン6ヶ月点検。
これでスバルディーラーに行くのも最後かも。。。
常連で顔が利いてただけにちょっとサミシイ。。

待ち時間でXVハイブリッド試乗。

◆エクステリア
イメージカラーのグリーンはさすがにあり得ないが、、、ボリューム感はヨイ。



ホイールはノーマルよりHVの方が好み。



◆インテリア
・エアコンダイヤルのメッキリングとピアノブラック調で質感UP。
・SIのスイッチがシフトノブ横からステアリング部に。
・シフトブーツ付き。


・後席レッグスペースは拳1個分。



◆ラゲッジ
・バッテリーで床下ユーティリティスペースが無くなった。


・アウトバックよりフロアが高くなった気がする。荷降ろしに苦労しそう。

◆走り
・Iモードだと大した差は感じない。
 Sモードだと同じスロットル開度でも3000回転くらいからググッとくる。
 ターボとまではいかないが、ノーマルとの差は感じられる。
 上り坂コーナー出口でハーフスロットルからフルフルスロットルで、即座に反応。
・ノーマルでは許せなかったCVTのメリハリの無いノッペリ感が、HVだとスポイルされた感じがする。
 モーターアシストの走行感はCVT向きなだと思う。
・足回りはノーマル同様、腰高感が無く好印象。アウトバックとの違和感も無し。
・営業マンがアピールしてた静粛性はノーマルと比べて大差ない気が。
 ロードノイズ、特にEV走行中が気になる。ブルーアースE70だから今のDOアウトバックのブルーアースAと大差ないはずだが。。

◆燃費
・坂道を思いっ切り吹かしたりしたせいか8.7km。営業マン曰く納車以来街乗りで15km程度。
 高速をまだ走ってないから実燃費記録は無いが、歯切れが悪かった。
 カタログより悪いのは当たり前だが、街乗りよりも悪化率が悪そう。
 ガソリン車ならカタログ値より街乗り7掛け高速9掛けって感じだが、ハイブリッドは高速も7掛けになると思う。

◆納車
・今から発注しても10月。
 スバル全体としてアイサイト付きだとプラス1ヶ月。
 ってことはアイサイト無しだと9月?アイサイトの生産が間に合ってないとのこと。

◆総括
ハイブリッドで走りが良くなったかと言われれば、良くなった。
但しそれを体感するにはSモードの3000回転以上での話。
それ以外はディスプレイとにらめっこしてれば目で見えるが。。
40km/hでEVになるが、EVを維持しようとしたら間違いなくトロトロ走行で迷惑。
通常走行では大差無く、スポーツ走行ではエンジンパワー+α。

40km以下が多い街乗り中心なら、燃費走行を追求してスポーツ走行時はパワーアシスト、というのもアリ。
月間2000kmのうち高速道路が1000km・田舎道が300kmと40km/h以上が多いDOとしてはハイブリッドのメリットが見出せない。

価格が上がってラゲッジが狭くなる、燃費で価格差をカバーしきれないかも。
それでもノーマルXVで物足りなかったものを欲しい人向きかな。

良い車であることは間違いないけど、今のDOのライフスタイルにはGOLF7の方が合う。

一縷の望みを託して通常より長めの試乗させてくれた営業マンには感謝。
関内二郎
. 2013/06/21(金)
21:00着で30人待ち。標識のあたり。雨降りだから、と期待したがいつも以上。
21:20に食券購入。意外と流れた。傘持ちで列が長くなってたのかも。やはりブタ切れ。

上左 小麺少なめ ニンニクスコシヤサイマシマシカラカラ(通常画角)
右 (全体画角)



隣の50才くらいの細身サラリーマン、大ヤサイを圧倒的な速さで完食。
お見それしました…
クルマ購入検討委員会24 ゴルフとレガシィのライバル感
. 2013/06/20(木)
ネットのブログを読み漁る日々。

この記事をみて、アウトバックを手放すのが惜しくなった、と言うか、車種選択は間違いなかったな、と。
http://neutral11.blogspot.jp/2012/10/371.html
アウトバックに対する評価が共感できて。
アウトバックといっても3.0Rだけど。(DOのは2.5i)

この方のブログの他の記事。
http://neutral11.blogspot.jp/2013/06/504.html
ゴルフとレガシィについてのライバル感についても共感が持てる。
久々連日レッスン
. 2013/06/19(水)
昨日今日と連日レッスン。
昨日のレッスンは5人だったため、かなりガッツリ打ち込んだ。

連日はたまにやるけど、暑くなってきたのでさすがに疲れた…

試合形式のラストは気持ちいいバックボレーが決まって終われた。最近ストロークがイマイチな代わりにボレーが好調。
クルマ購入検討委員会23 CL試乗記
. 2013/06/18(火)
Golf7試乗記の大半はハイラインばかりの中、
数少ないコンフォートラインの試乗記。

・自動車ライター外川信太郎の泡沫記
  http://s-togawa.blog.so-net.ne.jp/2013-06-05

webCG(PCからのみ) http://www.webcg.net/articles/-/28562
  
8speed.net http://8speed.net/8speed_impression/2013/05/7-2.html
  VWの情報サイト。

レスポンス http://s.response.jp/article/2013/06/12/199892.html
  竹岡 圭

アメーバニュース http://news.ameba.jp/20130613-335/
   塚田 勝弘
一人暮しの手料理 カツオ刺し
. 2013/06/17(月)
千葉県だけに銚子のカツオが安い。
一柵180円、半額セールで90円。
銚子のキャベツも半玉25円。

カツオ刺しと沖縄チャンポン(野菜とポークを炒めて麺つゆで味付けて卵とじ)

クルマ購入検討委員会22 トーションビーム
. 2013/06/17(月)
ネットではトーションビームがコストダウンの象徴
=質の悪化みたいに言われてる。

あれだけの安全装備つけて価格下げてるだから
MQBの他にもどこかでコストダウンを(してて当然とは言わないが)、
してるだろうと思うのだけれど。
安全装備は全部盛り、サスもハイコストのまま、でも価格は下げる。
そんなことは企業として考えにくいのだが。。

気に入ってたGolf3のリアがトーションビームだったんで、
なんでトーションビームがそこまで「悪」に言われるのかが分からない。。
Golf5以降、全グレードでマルチリンクになったから、
よっぽど劇的に良くなったのだろうけど。。

構造上は悪化だろうけど、その悪化が体感できないなら(←ココ重要!)、
安全装備つけて価格下げてのトーションビームは容認できる。
開発陣が悪化を体感できるようなコストダウンをするとは思えないし。

もちろんHLのマルチリンクとの差は当然あるだろうけど、そりゃグレード格差かと。
HL,GTi,Rは高級車・ハイパワー車としてマルチリンク。
従来からの大衆車たるCL,TLはトーションビームにコストダウンする代わりに安全装備を標準に。
欧州は安全装備が法制化されるから便利装備より安全装備を優先する。
リッターカーながら安全装備付ける代わりにコストを抑えてるUP!と同じ考えかと。
ダウンサイジングもVWが先駆けだし、時代を先取りしてると言える、かな?
関内二郎
. 2013/06/14(金)
20:50着で20人待ち。
21:15に食券購入。やはりブタ切れ。

上左 小麺少なめ ニンニクスコシヤサイマシマシカラカラ(通常画角)
右 (全体画角)
下左 小麺少なめブタ ニンニクスコシヤサイマシマシカラカラ(通常画角)
下右 (全体画角)
fc2blog_20130609055221d0f.jpgfc2blog_201306090552336dd.jpg


やはり従来と同じ画角(手前は丼のフチ、左右はスープの液面)にするとアタマが切れる。
10分程度で完食。
クルマ購入検討委員会21 スバルお断り
. 2013/06/09(日)
スバル営業マンからお伺いのTEL。

良くしてくれた人なので非常に心苦しいが、
以下を伝え、お断りの方向で。。

・価格面でも大きな差がなく、かつ奥様からは選択を任されてる
・足回り、安全性は甲乙付けがたい
・買うならノーマルXVではなくXVハイブリッドだが、
 やはり高速走行時のハイブリッドの優位性が見出せない
・最大の差がDSGとCVTの違い
 アウトバックの4ATの方がよっぽど良かった
 子供はスムーズで乗り心地が良いと言っているから辛いが
・Golf7が発売にならなければ、XVにしてただろう


最終的にGolf7とXVハイブリッドで差がついたところ

Golfが上
・ミッション
 XVのCVTはあり得ない。レガシィですら全車種CVTであり、スバルの方向性を疑う。
 BRZ(6AT)とWRX(5AT)のみAT。
・追従クルーズコントロール
 Golfは文字通り全車速追従する。0kmで停止して再スタートしても追従する。アイドリングストップONだと3秒後にエンジン停止。
 前車が再スタートしたら警告音が鳴り、アクセルを軽く踏むと(エンジン始動し)継続追従する。
 XVは0~100kmでしか追従しない。0kmで停止したら警告音が鳴ってクルーズが解除されクリープで走り出す。
・レーンキープ
 Golfはレーン逸脱時はハンドル制御し、3回ハンドル制御が入ったら警告音が鳴り、それ以降は制御無し。
 XVは警告音のみ。
・電子制御デフロック
 Golfに有り、XVに無し。横滑り防止装置は共に有り。
・リアビューカメラ
 Golfは標準、XVはオプション。
・ドライバー疲労検知システム
 Golfにあり、XVに無し。
・エアバッグ
 Golfは運転席ニー・サイド・カーテンが標準、XVはオプション。
・2ゾーンエアコン(後席吹き出し付)
 XVは後席吹き出し無し。
・電動パーキングブレーキ
 Golfに有り、XVに無し。レガシィには有るから車格に差をつけてる?
・ラゲッジルーム
 ノーマルXVはGolfと同じ380Lだが、ハイブリッドは電池を床下に積んでるので344L。
 だたでさえアウトバックからのスペース減だけに、1割の差はキツイ。

XVが上
・4WD
 雪道上りでの差は間違いなく出る。が、逆に過信による事故あり(2011年2月)。
・キーレススタート
 Golfは付かないが海外仕様車にはあるから数年後には付く。なぜ最初から付けない!?
・エマージェンシーブレーキ
 Golfは車両のみ検知だが、XVは歩行者自転車も検知する。
クルマ購入検討委員会20 ハイライン一択?
. 2013/06/08(土)
ネット上にだんだんとGolf7の日本仕様の試乗記がUPされてきた。

当初、海外試乗ではHLしか用意されておらず、さらにCLのリアサスが4リンクからトレーリングアームになったのは、ダウングレード・コストカットの象徴、とネットではHL一択の風潮。
また、初回仕様ではナビが付かないことも、大きなマイナス要因と言われている。

が、DOとしてはGolf3(トレーリングアーム)のリア吸い付き感が好きだったので、4リンクからトレーリングアームになったのは気にならない。5,6の4リンクの良さを味わってないからかも知れないが…(市街地試乗5で1回、6で2回のみ)
開発陣が軽量化・コスト削減と引き替えに、乗り味劣化を良しとするとは思えないし。

今回のGolf7は安全装備、質感等が大幅に向上されており、向上分を加味すると価格は実質据え置きか値下げ。
次世代統一プラットフォームであるMQBによるコスト削減のほかにも、どこかでコスト削減を行っているはずで、劣化させない、劣化を感じさせないコスト削減ならキニシナイ。

日本仕様のナビが間に合わないのは確かにVGJの焦りすぎ。VOLVO.V40やメルセデスAクラスの対抗しようと見切り発車と言われて当然。

が、今もPND、しかも最近は全く使ってなくて、困ったときだけiphoneで間に合ってるDOには気にならない。
価格変わらずでナビが付くならうれしいけど、ナビ付いたとしてもプラス15万とかならナビ付けないだろうなぁ。
その分オプション付けたい。

日本仕様の試乗記もやはりHLがほとんどだけど、CLを推してる方がいた。
こちら
思わず、いいね!(≧∇≦)b
HL一推しの記事ばかりみてると不安だったけど、コスト以外の要素でCL推しの記事もあると安心。
DOの走りでは45扁平はやはりオーバースペック。
関内二郎
. 2013/06/07(金)
20:00着で15人待ち。
20:30に食券購入。ブタが買えた。その後、10分くらいで券売機をブタ切れにしてたから、やはり21時すぎるとブタ切れ。ということで、ブタ ヤサイマシマシに挑戦。

上左 小麺少なめブタ ニンニクスコシヤサイマシマシカラカラ(通常画角)
右 (全体画角)
中左 小麺少なめ ニンニクスコシヤサイマシマシカラメ
中右 小麺少なめ ニンニクスコシヤサイマシカラメ
下 小麺少なめ ニンニクスコシヤサイ




同じ画角(手前は丼のフチ、左右はスープの液面)にするとアタマが切れる。
つまり、高さも高い。

今日のブタは厚切りトロトロでベスト。撮影含め11分程度で完食も両サイドから遅れること2分。15分なロット内とは言え妙なプレッシャーが。

麺少なめ、ニンニクスコシ、ヤサイマシマシ、カラカラ、
こんな呪文が言えるくらい成長した。ジロリアン認定?
VW WRC4勝目
. 2013/06/05(水)
WRC(世界ラリー選手権)でフォルクスワーゲンが今季4勝目。

公式HP

昔はWRC、大好きで。
セリカGT-FourとデルタHFインテグラーレの頃とインプWRXの頃。
アルファ乗り同期がラリージャパンを見に行ったときの羨ましさといったら。。。
が、スバルがWRCから撤退してからは何となく情報に接する機会がなくなり。。。

で、Golf7を契約してみたら、なんと今年からVWがWRC参戦してた。
しかも5戦中3勝。(5/19契約当時)
VWオーナーとなる身であるから想いが復活して当然。
クルマ購入検討委員会19 ベースグレード
. 2013/06/04(火)
Golfのファンサイトを探す毎日。
中でもGolfVのEに乗ってる方のブログが、Golfの良さについて共感できた。
Eは当時のVのベースグレードであり、9年前、アウトバック購入時に悩んだだけになお一層。
子供が産まれてベビーカー等乗せるのにラゲッジの小ささと燃費・ハイオクで断念したが。

当時の自分のwebサイトではGolf(Golf3-CLi 3のベースグレード)についての良さをこう語っている。
 「素直で重厚なハンドリング、ピークパワーのみを求めず、実用域から盛り上がるようなエンジン。
カタログ数値だけでは分らない、長く乗ってこそ分る良さ。」

今回のGolfVII-CLもカタログ数値では105PSと見るべき数字でないが、
(同エンジンのVI-TL)乗ってみると全く問題なく、当時と同じ感想でブレてないな、と安心。

Golf納車の暁にはクルマの部分だけwebサイト更新しようかと目論見中。
 ※2009年に更新したっきりで放置

アルファ乗りの同期のサイトを探すもプロバイダを変えた以降、見当たらず。。
クルマ購入検討委員会18 HLとCLの差 評価
. 2013/06/03(月)
GolfVIIの情報を探す毎日。
 ※GOLFではなく正式にはGolf。
  7ではなくVII (×機種依存文字)
  但し読みにくいので数字標記も併用

プッシュスタートはHL,CL共に付かないことで確定。
試乗情報がぼちぼちUPされ始めており、やはりHLは格別の様子。
HLとCLの差というと、、、

◆LEDデイライト
これがオプションで欲しかった。。。
メッキリングにはなってるからそれでガマン。
社外品が出るのを期待。

◆エンジン
HLの気筒休止の1.4Lには惹かれるけど、VIを試乗して1.2Lで必要十分であることは確認済み。
燃費もHL19.9km/Lに対しCL21km/L。

◆リアサス
HLは4リンク、CLはトレーリングアーム。
V、VIが4リンクだったからネット上ではダウングレードだと言われてるけど、GolfIIIのリアの吸い付き感が好きだったので、あまり気にしない。

◆内装
HLのクリアブラックが欲しかった。。
CLはシルバー。ヘアライン加工がどのくらいキレイか?

◆タイヤ
HLは225/45/R17、CLは205/55/R16、55扁平で十分。
17インチで45扁平なんつったら高くて高くて。

◆ナビ
初期(秋まで?)は純正ナビのオプションは無し。はじめからナビ無しで考えてたので問題無し。価格変わらずなら悔しいけど…

◆その他
スポーツシート、ルームライト、グリルのメッキ加飾など、許容範囲。

それよりも燃費とタイヤサイズ、こちらの経済性が重要。
車両価格+20万だからHL一択って雑誌もあったけど(月刊自家○車)、
イニシャルコスト20万だけでなく、ランニングコストでも20万近く差が出るから、
40万の差。これは看過し難い。

っていうか、よく考えたらHLは既に完売だったじゃん。
自分を納得させるための比較でしたな。