家族でテニス
. 2013/08/31(土)
子供の友達3家族でテニス。

初めてだったけど相手のお父さんがかなりできる人で、子供の相手もそこそこにパパ同士ガッツリ打ち合い。と言っても35℃の猛暑日。長くは続かず熱中症寸前。。。


季節が良くなったらまたやりたい。相手のお母さんもできるので夫婦でできて、子供も自然と覚える。いい環境ですなぁ。。

夜は夏休みのお疲れ様会。奥様からは飲ませ過ぎないようお達しが。
DOと飲むと誰かしら翌日二日酔い。。
(二日酔いになるほど楽しく飲めるんだからよいと思うのだが)

もう4年近い付き合いで、お母さん同士はもちろん、お父さん同士も仲良くなれてるので、家族ぐるみで楽しく過ごせた。

次回はBBQかカラオケか。秋には山登りも計画。
スポンサーサイト
関内二郎
. 2013/08/30(金)
メルマガでイベントトッピングである「カレー粉」(通称:あれ)があるとのことで、意気込んで行くも、、、なんと約40人待ち1時間。

「あれ」には汁なしの粉チーズが合うとのことだけど、汁なしは先週食べてもう見切ったので、ラーメンに粉チーズ。

小 麺少なめブタ ニンニクヤサイマシカラメ+あれ?

しかし、、、「あれ」がトッピングされてない??
オーダーした返答はちゃんと「あれ」って言ってたけど。。それとも粉チーズやニンニクに混じってる等、どこかに入ってる??

正しい「あれ」の姿を知らないので、クレームも付けられず。。。「あれ」の食券は無かったから、食券無しでスルーされたとも思えず。。
ジロリアンへの道はまだまだ遠いい。。
追従クルーズコントロール考察
. 2013/08/29(木)
先日、ACCのところでアイサイトのことを言及したので運用面を加味しつつ、
ゴルフと、日本でもっとも普及している追従クルコンであるアイサイトをXVで比較。
XVについては試乗時の記録と記憶に加え、ネット情報で補完。

◆設定速度
G7:0~160km/h
XV:0~114km/h(カタログ上は100kmだが実際は114km)

◆追従0km保持
G7:0km保持し続ける。前車が発進したらRESボタンで停止前の設定速度で再追従。
  アイストONならブレーキ踏まずにアイストでエンジンOFF。
  前車が発進しても警告音は鳴らないがアイスト時はエンジンON。
XV:0km保持は2秒間。警告音が鳴りクリープで前進してしまう。=ブレーキ踏む必要あり。
  2秒以内にSETボタン押すと保持し続ける(0kmに設定するってことか?)。
  前車が発進すると警告音が鳴る。
  RESETを押すと再追従するが設定速度はデフォルトの40km設定となる。(←ココは記憶が曖昧)

◆レーンアシスト
G7:65km以上でハンドル制御する。3回までで以後は警告音が鳴って制御しない。
XV:40km以上で警告音が鳴る。

◆加速・減速
G7:追従中にアクセル踏むと任意に加速。アクセル離すと設定速度まで減速。
  ブレーキを踏むと追従解除(待機状態)。
XV:追従中にアクセル踏むと追従解除。
  ブレーキを踏むと追従解除。

◆検知対象
G7:車のみ、バイクも検知できる場合あり。自転車・人はムリ。
XV:自転車・人も検知可能。

◆エコ
G7:スポーツ/ノーマル/エコのモードあり。
XV:ECOクルーズモードあり。

◆車間距離
G7:5段階
XV:3段階

◆右足置場
G7:タイヤハウスの出っ張りが右足のフットレスト的に使える。
XV:なし。

◆使用場所
どちらに対しても言えることは機械を過信しないこと、特に交差点が多い市街地では使うべきではない。
という前提の上で、、、
ゴルフ(ACC)は高速道路走行が多い場合は有利。0km保持の制御も優れているので市街地も向いているが、人や自転車は検知しないので注意が必要。
XV(アイサイト)は人や自転車も検知できるから市街地走行が多い場合は有利。発進時踏み間違え制御もある。

◆運用
先を見た運転をする人にとっては、直前の車しか見ない追従運転はギクシャクした運転に感じる。

・遠くが赤信号でも前車を検知するまでは設定速度まで加速し続けてしまう。
・前車が右左折or自車が右左折した場合は前車無しと認識して設定速度まで加速してしまう。等
・(例えその先が平坦でも)上り坂になると速度を維持するためアクセルを開ける
・(例えその先が平坦でも)下り坂になると速度を維持するためブレーキを掛ける

多数の情報を取り込んで臨機応変に判断するのは人間の目と頭には敵わない。
こういった状況は解除する方がストレス無く運転できる。燃費にも良いし。
ボタン一つで設定/解除できるから。。

◆評価
アイサイトに試乗するまでは、運転がツマラなくなるからクルコンなんて無くてもいい、って思ってたけど、そもそも流れに合わせて走る状況自体ツマラない訳で、追従クルコンはそんな状況での肉体的・精神的負担を減らしてくれる。
そして、高速道路では間違いなくアイサイトよりACCの方が上。
ブレーキアシストを使う場面(市街地)では人や自転車を認識するアイサイトの方が上。
どちらにせよ、一旦味わったら無しのクルマには戻れないかも。。
半沢直樹
. 2013/08/28(水)
半沢直樹、月曜の録画が失敗してたのでダビングして貰った。
第1話もフルには見てないので同じくダビングして貰えた。

巷の人気通り面白いね。
40歳サラリーマン、中間管理職、大手企業(メガバンクのような超大手ではないが1部上場)、合併非主流派、実家が自営業、
の身としては程度は違えど身につまされる。。

それにしても、、、横文字ビジネス用語に未だ慣れない。
最近良く聞くのが第1話でも出てきた「○×マター」。「○×が持ってきた案件」ってこと、かな。。
字で書くと「○×マダー チンチン」のAAを連想。。
会社の合併先で使われるのが「ドラフト」。初めて聞いたときは「第1回選択希望選手、、」を連想したけど、「原案」、かな。。

6話で出てきた「ダイダブルヤサイカラカラメ」はすんなり耳に入ったw

「ペンディング」も初めて聞いたときは、なんでスキー用語(ベンディング)が?って。未だに違和感アリ。
二日連続レッスン
. 2013/08/28(水)
振り替えが貯まっているので、二日連続レッスン。

今日はダビングして貰ったドラマを見たいから早く帰りたくて、いつものラストの時間帯ではなく、一つ前の時間帯の一つ下のクラスにしてみた。
※自分の級(中上級)と一つ下の級(中級)に入れる

中上級はその上の級(上級)の人も入るので、胸を借りる感じでガンガン打てるけど、中級だと周りは格下?ばかりなので逆に丁寧に打たねばならず、基本の見直しになる。かな?

当然女性比率が高い。8人中5人が女性。しかも自分より若い。
この歳になると20代後半から30代って年齢不詳。。40代超えるとさすがに…
って、これは逆に女性からみた男性も同様か。。_| ̄|○
明らかに20代前半、学生かも、って人もいて、明らかに活きが違うw

昨日今日とボレーのキレがよく、試合形式ではヨユーとワザで的確なリード。
メタボ腹を引っ込めてたのはここだけの話。
一人暮らしの手料理 カツオのたたき
. 2013/08/26(月)
たたきと言ってもできたやつを柵で買っただけ。
土地柄、銚子産かと思ったら静岡産だった。ニンニクをたっぷり。

ACCエコラン
. 2013/08/26(月)
中央車線を流れに乗せて、ところどころで追越車線、ACC(エコ)を極力使用で22km/L。

カタログ値+1km/L。これが頭打ちかな。。
アウトバックで同じような走りでカタログ13km/Lに対し15km/L出たことあるけど、純正タイヤをエコタイヤに替えて+1km/Lは稼いでるから、エコラン努力で+1km/Lってとこ。

ゴルフでも中央車線の流れに乗せてのエコラン努力は+1km/Lってとこか。
これ以上求めるとなると、エアコンOFFで走行車線を定速走行かな。ただ、そこまでする気にはならない。

ゴルフだとACCで調整してくれるから負担は激減。自分で速度を抑えようとする調整が疲れる。。免停後7ヶ月の身、1点たりとも失えないリスクもある。

と言いつつ、追越車線の流れに乗った速度で追従クルーズ設定できるのがとにかく嬉しい。
アイサイトは中央車線の流れに乗った速度でしか追従クルーズ設定できない。
流れに乗った実走行をする上でこの差は決定的。
GOLFベア
. 2013/08/25(日)
娘の誕生月なのでおねだりされて購入。
シュタイフ製GOLFベア

クマと言えばシュタイフ。(と昔クマ好きに教わった)

あ、いや、もっと大きいVWベアにはわざわざシュタイフ製って銘打ってあったからこれは違うかも。ま、ドイツ繋がりで自称シュタイフ製ってことで。

ホントに大事にするならシュタイフ製買ってもいいけど、今のトコ、おもちゃ扱いだから。。犬の餌食にもなりそうだし。
1ヶ月(1000km)点検
. 2013/08/25(日)
22日1800km走行で1ヶ月(1000km)点検。大きな問題なし。

要望事項
①フロントガラスのチェック・ワイパー調整。
 納車2日後の雨で初めてワイパー使ったら酷い油膜。
 納車伺いの電話で伝えたのに営業マンは初めて聞いたかのように((φ( ̄o ̄ )ホォホォって感じ。まぁ、この営業マンだから。。
  =油膜除去とワイパー確認実施。

②ウインドウウォッシャー液タンクを空にして欲しい。
 ガラコ及びガラコウォッシャー液使用のため。
  =下部ドレンは無いのでモーター穴より排出し、3回水を入替えたとのこと。

③リバース時、ドアを開けると自動でパーキングが掛かる設定の解除。
  =仕様に付き、解除不能。

①②とも、わがままなお願いかも?よく対応してくれました。洗車もしてもらって。

トレンドラインがあったのでチェック。
マニュアルエアコン。

A/CボタンON/OFFでエアコン入れたり送風にしたりとこまめに切替するので、マニュアルエアコンでもいいか?って思ってたけど、このスイッチだとやはりオートエアコンじゃないと。

ライトのハイトコントロール(光軸調整)スイッチがついてる。DOのバイキセノンはオートのため、スイッチ無し。

シートはグレーでCLよりもカジュアル感が強くなってる。生地も粗め。

ホイールデザインは15インチながらなかなか良い。

スタッドレスは15インチで十分だからこのホイールで値段次第か。

ホワイトはキレイだけどプレスラインが強調されるのはやはりタングステンシルバー。



商談中の方が2組ほど。点検中でヒマなので耳ダンボ。
・リアカメラは供給不足のためセンサーになる。
・インダッシュナビは来年1,2月納車分から。
・タングステンシルバーと黒は人気だから早めに確保を。
・いま、弊社で押えられてるのはこの1台のみ。
・値引きはできませんが、店の方からお手伝いと言うことでガラスコーティングを。
まあ想定通りの受け答え。

帰りに車両ステータスでウォッシャー液タンクと給油の警告表示。車両イラストに該当箇所が表示されている。


燃費表示の車両イラストが残量にしたがって右へ移動してる。。一番右がガススタマーク。


燃料は残り55kmから表示されたけどメーターはまだ一目盛りある。

が、ある程度信用した方がいい。ゴルフ3のとき、燃料メーター振り切ってから50kmは走るという国産車感覚でいて、ガス欠させたことあるから。。

帰りに行きつけのガススタで給油して、車内清掃とガラココーティング。
布シートは防水スプレーしとくと汚れがつきにくいらしいので試してみよう。

今までは毎週給油してたけど2週間に1回で済みそう。1回の給油量と単価は上がるけどガソリン代は4割減って感じ。
過去3回給油して
燃費計17.2 満タン法16.86 誤差2%
燃料計17.7 満タン法17.52 誤差1%
燃料計13.6 満タン法13.14 誤差3%
累計
燃料計16.2 満タン法15.85 誤差2%
2%程よく表示される。
アウトバックは5,6%良く表示されてたから精度は上がってるかと。
関内二郎 汁なし
. 2013/08/23(金)
20:20着でアーケード先の20人待ち。
今日は汁なし。

やはりブタ切れ。
小麺少なめ汁なし ニンニクスコシヤサイマシカラメ



ブタが薄切りに見えて残念な気分だったのが、裏返したら厚切り!

汁なし頼む人の半分は粉チーズとニラキムチ。粉チーズは美味しいがニラキムチは失敗…辛さで旨さが消えた…

やっぱ汁なしよりラーメンだな…
木曜レッスン
. 2013/08/22(木)
レギュラーの火曜が定休日。
同じコーチの水曜に行こうと思ったら飲みに誘われ、久々にガンガン打たせるコーチの木曜レッスンに。

平行陣vs雁行陣のボレストではダメ元のバックハンドが意外と良い感じ。
変にリキむより上体の捻りと振り切り。分っちゃいるけどロングラリーだと振り切れないんだよなぁ。。

試合形式もリラックスして振り切るのをイメージしてたら好サーブ連発。
70%の力でも入れば崩せるんだよなぁ。。分っちゃいるけど。

グリップテープ変えたのも良かったのかも。
首都高トライアル
. 2013/08/19(月)
月曜朝出勤。

いつもは保土ヶ谷BP~K3~B~東関のところ、
中央環状が渋谷線に繋がる前のルートだった、東名~3~C1~6~常磐で。

当時のハードポイントだった両国JCT先の登って下りながらの左カーブの途中の継ぎ目。(6号と7号が分岐して6号に入ったすぐの左カーブ)
ココとC1を空いている朝に試したくて。

その前に霞ヶ関トンネル内の登って下る左カーブ。
加速と登りで荷重はリア。そこへカーブの遠心力が入るので踏ん張らず(ロールせず)、外に逃げていく。。ちと怖かった。難しい言葉はよく分らんけどアンダーステアってやつ?
4WDのアウトバックではリアで押し出すから踏ん張ったのかも。難しいことはよく分らんけどFFと4WDの違いってやつ?
このへんはもうちょい走り込まないと特性が掴めないな。。
反動で霞ヶ関トンネル出て登って下っての三宅坂JCTはへっぴり腰。
北の丸トンネルから神田橋あたりは気持ちよく走れた。

で、両国CJT。
加速と登りで荷重はリア。そこへカーブの遠心力が入るので踏ん張らず、さらに継ぎ目。やっぱり飛ばされた。アウトバックよりも飛ばされ感が少ないのは先入観かな。
ここだけはHLのDCCだとどうだろう?って気になった。スポーツモードだとムリかな?コンフォートモードなら吸収するかな?
でも継ぎ目のコーナーだけイチイチ切り替えてられないから、1つのセッティングでトータルをカバーするCLでいいんじゃない?
4リンクだと上手くいなすのかな?HLのDCC無しはどうだろう?
でも17インチの45だから突っ張り感があるんじゃない?
DOの好きな吸い付き感は4リンクではどうなんだろう?

ま、しょせん流れに乗って走るだけのDOレベルではCLで十分満足。


首都高を気持ちよく走るにはレーンアシストはOFFの方がいい。
通常の高速道路はONが楽だけど、首都高だとレーンのギリギリを走る場合があるから、レーンアシストの押し戻し感が気になる。アウトラン(古っ)wのステアリング感に似てる。

ACCは便利だけど前車しか見てないから、先を読む運転をしようとするときは邪魔。赤信号が見えてても車間が開いていれば加速しようとするし、前車の前が空いて加速体制に入っても、前車との間隔が開かないと加速しない。けど、一瞬の見逃しを防ぐにはONもアリかな。。

首都高のアップダウン、コーナー立ち上がり加速と車両の多さによる加減速が多く、燃費は伸び悩み。それでも133kmを20.3km/L。

満タンにしないで2/3程度のハーフタンクセッティングだったんだけど(苦笑)。

来週は東名~3~C2~6~常磐 かな?
いや、それよりも月曜朝からテンション上げるのは疲れる。。
FMヨコハマとBAYFM聞きながらのACCとレーンアシスト利かせた湾岸クルーズでいいや。。
川遊び
. 2013/08/18(日)
息子友達家族と田代運動公園で川遊び。家から40分足らずで流され川遊びができる好スポット。

息子友達家族はキャンピングカーで前日入り。
大きなタープ(テント)がとても便利。ツーバーナーや大きなテーブルと、さすがはキャンプ仕様。
DOの4人でいっぱいいっぱいの日よけテント、登山用シングルバーナー、60×40程度のちゃぶ台テーブルとは大違い。


バーベキューインストラクターの資格を持ちながら、バーベキューじゃなくてお湯沸かしてインスタントで済ますところも、遊びメインのときは手間を掛けず気負い過ぎない子持ちアウトドアの達人といったところ。

兄弟2人と違って同い年の男の子が揃うと遊びが尽きない。親は手が離れて助かるけど。。


さすがに娘たちが疲れてきて終了。兄2人はほっといたらまだまだ遊んでただろう。。
洋食 おさ
. 2013/08/17(土)
娘の6歳誕生日食事会。
ハンバーグが食べたいと言う娘の要望で洋食「おさ」へ。

ジャイアントハンバーグ(1000円)とハンバーグ(700円)

パセリとの比較で大きさの違いが分る。

息子はチキンカツレット(850円)



そしてDOはポークカツカリー(900円)。
。ハヤシライスを思わせる濃厚なトマト風味に後からくる辛さ。カツは定食と同じで分厚くて手抜きなし。食べてみれば分る、唯一無二の美味しさ。



ヤサイスープ(150円)がこれまたやさしい美味しさ。セットのサラダのドレッシングは毎日作っていると思われる自家製。


郊外の住宅街の中にこれほどの店があるなんて嬉しい限り。美味しくて安い。いつも満員クローズなのも頷ける。
ゴルフ7 1000km慣らし終了
. 2013/08/16(金)
1日だけ出勤。有給とる人もいるけど立場上…

保土ヶ谷BP~K3~B~東関東。139kmで21.3km/L。中央車線で極力ACC使用。


1000kmを超えたこともあって
帰りはインターまでの山道をSモードで飛ばす。うねりの収束が心地よい。柔らかいでもなく、かといって突っ張った硬さでもなく、しなやかな吸い付き感。
インター合流、本線料金所でSモード全開。6200回転まで引っ張ってシフトアップ。レッドゾーンは6000回転からだから廻り過ぎるかと最初は思わずアクセル緩めてしまった。。
4000~6000回転あたりのエンジン音がクォーンと気持ちいい。もちろん大パワー車のような爆発的加速ではないけれど、スルスルと気持ちのよい加速は1.2Lとは思えない。
途中渋滞もあったけどACCのおかげで苦にならず。
渋滞最後尾でフロントアシストが作動した(と思う)。ブレーキ踏んだら踏みしろがほとんど無く、固い踏み応えでガツンと制動。

単身赴任道中のハードポイントである、本牧JCT狩場線分岐の下りコーナーをアウトバックの限界を超えるレベルで気持ちよくクリア。
そんな走りながら151kmを17.3km/L。
高速8割で往復310kmを19.0km/L。


DOレベルでは燃費も走りも満足。
燃費大将はハイブリッドカーにお任せ。走り番長はスポーツカーにお任せ。
関内二郎
. 2013/08/16(金)
20:40着で20人待ち。
汁なしにするか悩むが3週間ぶりなのでやはりラーメン。

ブタ切れだったのでマシマシ。
小麺少なめ ニンニクヤサイマシカラメ


やはりマシマシは通常画角だと上が入らない。ブタがトロトロでウマー。

麺少なめのクセにマシマシしてるから助手に覚えられつつあり?
ゴルフはファミリーカー
. 2013/08/13(火)
ゴルフ7で中央道往復。
家族4人で荷物も目一杯でエアコンフル使用とあって、燃費は伸び悩み。往きは14km/L程度。帰りは下り坂だから19.0km/L。トータル15.1km/L。



ACCは家族旅行のお父さん運転手にとって究極のマストアイテムかも。追越車線の流れに乗った速度で設定できるのが◎。
レーンキープはあれば便利。ちょっとしたよそ見でも補正してくれるし、腕の力も軽減されている感じ。

これらの安全装備は運転の楽しさとは相反するが、大衆車であるゴルフに装備したのは大英断だと思う。ファミリーカーには
楽しさだけじゃなく、
楽さも必要。

ラゲッジは無駄なものを乗せなければ積み切れたが、犬用品とゲーム関係が増えたら一杯だな…スキーどうするか…

未だにゴルフ7を一度も見てない。
川遊び
. 2013/08/12(月)
二日ともフレンドパークむかわで川遊び。1日中よく遊べるもんだ。。



息子の友達家族と一緒だからエンドレス状態。兄弟二人だとここまで長続きしないんだが。。
ダッチオーブンでローストポーク
. 2013/08/11(日)
今回はニンニクすりおろしを揉み込んで美味しさアップ。



頑張れカルシファー



肉と同じくらいジャガイモが大人気。

ゴルフ7CL 山道
. 2013/08/11(日)
まだ800kmくらいしか走ってないが、我慢できずにSモードで山道をちょっとだけ飛ばしてみた。
※慣らしは1000km目標。

ロールを活かした旋回性、コーナーからコーナーへの重心移動もスムーズ。
3000~5000回転あたりがクォーンとなかなか勇ましいエンジン音でパワーとトルクが乗ってる。
アウトバックの4ATは2速と3速の間が欲しかったけど、ゴルフ7の7速DSGは3~5速がちょうどその辺りを使ってエンジンのおいしいところを引き出してる。

明らかなマイナス点発見。

坂道発進が非常に弱い。1000回転までの半クラ状態の心もとなさと、1500回転から立ち上がるパワーとの差のコントロールが難しい。これは街乗りの信号スタート時や交差点でも感じる。小排気量ターボの弱点かな。
河原から上がる不整地で非常に苦労した。一旦バックして勢いつけて上がった。雪道が不安。。
アウトバックの4WDの素晴らしさを今更ながらに実感。
ゴルフ7CL 中央道ファーストラン
. 2013/08/11(日)
夏休みに八ヶ岳実家別荘へ。

ゴルフ7で中央道ファーストラン。
相模湖や須玉の400Rくらいのコーナーを吸い付くように気持ちよくクリア。
談合坂や須玉の登りも追越車線を維持できる。アウトバックの2.5L165PSに比べ遜色なし。
DSG7速を駆使して最適の回転数を維持してパワーを引き出してる。4ATのアウトバックに比べ、パワーの息継ぎがなく気持ちいい。

恒例の写真撮影。濃色系の方が木々に映えるよなぁ…

ディスプレイとステアリングボタン
. 2013/08/09(金)
取説読まずとも直感で操作覚えられた。
はじめは難解だったステアリングボタン、慣れると超便利。

◆ステアリング左


外側ボタン上下でACCのセット・リセットと1km刻みの増減
銀色ボタン左右で10km刻みの増減
内側上ボタンでACCのON/OFF
内側下ボタンでACCとスピードリミット設定切替
下部ボタン左右で音量増減
真ん中ボタンでACC追従距離設定

◆ステアリング右


外側ボタン上下で選択
銀色ボタン左右でモード切替
内側上ボタンで通話モード
内側下ボタンで音楽OFF,ハンズフリー通話
下部ボタン左右で曲送り/戻し
真ん中ボタンで決定

他にも取説には「長押しすると…」みたいな機能が色々あるよう。

【マルチファンクションインジケーター】
◆走行データ


現在速度、現在燃費、平均燃費、走行時間、走行距離、油温等が表示される。

◆オーディオ


bluetooth再生中の曲名、アーティスト名が表示される。+-ボタンと←→ボタンにて曲送り/戻しが可能。

◆電話


bluetoothでiPhoneの通話履歴から通話可能。

◆アシストシステム
ACC、レーンキープの表示と設定変更。

◆車両ステータス


登録されてませんとのこと。不明。


【5.8インチタッチパネルディスプレイ】Composition Media

上記MFIの内容のより詳細な表示や設定、車両に関する設定が行える。

◆CAR
現在速度、現在燃費、平均燃費、走行時間、走行距離が表示され、
車両設定ボタンで各種設定が可能。


・ESCのON/OFF
・タイヤ


・ドライバーアシスト
ACCはエコ/ノーマル/スポーツの設定ができる。レーンキープ、フロントアシスト等。


・ライト


・ミラー、ワイパー


・MFI



◆MEDIA
bluetooth再生中の曲名、アーティスト名が表示される。ステアリングの+-ボタンと←→ボタンにて曲送り/戻しが可能。



◆PHONE
bluetoothでiPhoneの連絡先からお気に入り登録可能。

◆SOUND
一般的な音質の調整。



◆RADIO

◆SETUP
ディスプレイ、言語、bluetoothといった設定。




取説には他にも色々な機能があるみたい。おいおい見てみよう。
それにしてもこの取説、翻訳ソフトで翻訳したであろう、妙な言い回しが目に付く…
ゴルフ7CLインプレ
. 2013/08/05(月)
Volkswagen Golf TSI Comfortline DerErste
フォルクスワーゲン ゴルフ7 コンフォートライン デアエアステ
タングステンシルバーメタリック。

保土ヶ谷BP~首都高狩場線~湾岸線~東関道~山道
の高速道路と山道インプレ。

◆エンジン
慣らし中で2500回転くらいに抑えてるので、コメントできず。
料金所からの加速で3000回転をちょっと超えたけど、
爆発的ではないが、スルスルとした加速で結構良さそうな予感。
早く慣らしを終わらしたい。。
100kmで2050回転。
アウトバックは2.5Lの4ATで2500回転だったから多段化の効果か。



◆ミッション
DSGは極めてスムーズ。
パドルシフトを使うとDモードに戻るまではそのギアで固定。
5,6秒で戻るときもあれば15秒くらい固定のときもある。
この辺の制御は詳しく知りたい。
慣らし中なのでスタートはブレーキOFFから一呼吸おいてアクセルONを特に意識。
一呼吸を掴むまではまどろっこしそう。

◆足回り
アウトバックに比べると格段に旋回性が高い。
マルチリンクとは言え最低地上高200mmの腰高、かつリアの長いワゴンと比べるのは酷というもの。
ゴルフ3で好きだった、ロールを活かした旋回を感じる。
リアの押し付け感は3同様でトーションビームの特徴?ま、これは先入観かな。
段差での全体的な揺さぶりはもうちょい走って各パーツが馴染まないと判断できない。

◆静粛性
エンジンの掛かりはさすが1.2Lだけあってクランキングが軽い。
アイドリング中はエンジンが掛かったのが分らないくらいエンジンの振動が無い。
巡行中もエンジン音はほとんど皆無。ロードノイズはやや入ってくる。
タイヤの問題かも。高規格舗装路ではロードノイズ無し。

◆ACC
高速道路では素晴らしく便利。
会社のクラウンのクルコンは100kmまでで当然追従もしなくて危険、ストレス溜まるだけなので使わないが、ゴルフは絶品。
操作性も1時間も走れば直感的に大体理解できた。操作性もクラウンより断然上。
試乗したXVよりも選択・決定の流れがスムーズ。
本国仕様のまま160kmが設定上限。
若しくは走行中にSETボタンを押すとそのスピードで固定。


交差点、信号の多い街中では使わない方がいい。
意図していない動きが多々あり危険。

◆レーンキープアシスト
自動制御は3回くらい?それ以上は警告音・表示と共にアシスト解除される。
(インジケーターがオレンジになる。作動中はグリーン)


500Rくらいよりきついカーブが急だと警告音・表示のみで制御しない。できない?

◆アイドリングストップ
アイスト可のときのOFFは早い。0km後1秒もしないでOFF。
ブレーキを軽く緩めると始動する。この感覚はすぐに掴めた。
しかし、自動パーキングがオートホールドモードのときは
ブレーキを外しても始動せず、アクセルを踏む必要がある。
 ①アクセルON→②エンジン始動→③アクセルOFF→④走り出しアクセルON
①から④までアクセル踏みっ放しはもちろん、①で煽る感じでアクセル踏むから燃費には悪影響だと思う。
基本、オートホールドはOFFが良いと思う。

◆電動パーキングブレーキ
車庫入れ時、ドアを開けたら自動パーキングが掛かり慌てた。オートホールドのON/OFF関係なく、ドアを開けるとパーキングが作動する。車庫入れ時にドアを開けることがあるのでこれは不便。
 ①オートホールドOFF、ACC-OFF
 ②オートホールドOFF、ACC-ON
 ③オートホールドON、ACC-ON
 ④オートホールドON、ACC-OFF
の4パターンで制御が変わる。試行中。
シートベルトやドア開によっても制御するみたい。
どちらにせよ、オートホールドは使わない方がスムーズな運転ができそう。

◆Rear Assist(リアビューカメラ)
目視に慣れてて表示に頼るとかえって真っ直ぐ止められない。
後ろに人・物が無い確認だけができればよいのでセンサー方式ではなくカメラ方式でよかった。

◆インパネ
エアコンの操作性はよい。後席にも吹き出しがあり、娘が喜ぶ。

◆5.8インチディスプレイ
デアエアステはナビが付かないが、ナビは付けないので無くても何の不満も無し。
オーディオはbluetoothがすぐに認識でき、再接続もスムーズ。
プレイリスト内・アーティスト内・アルバム内なら曲送り/戻し可能。
曲名が表示され、音質もAUXと差は感じられず。まあ、音源がAACだし。
操作はモッサリ。iphoneのサクサクヌルヌルに慣れていると、尚更感じる。
音質設定、ACCモード(エコ/スポーツ)、車線変更時ウインカー等、各種設定可。
詳細は後日。

◆マルチファンクションインジケーター(MFI)
ACC等アシスト状況表示の他、5.8インチディスプレイの内容を表示可能。
MFIにはやや省略表示。
詳細は後日。

◆ステアリング
ボタンが多くて複雑だったけど、慣れると直感的に使える。
2時間もしたら逆に使い易く感じるくらい慣れた。
革の質感が素晴らしい。

◆インパネ
白の常時発光でシンプルで見やすい。
が、DOの好みである、
「座面を最下部」「ステアリングも最下部」にすると、ステアリングがメーターに被る。。。


3~4000回転辺りと140~160km辺りが見えない。
座面を上げると見下ろす角度が強まりますます重なる。
ステアリングを上げれば重ならず見えるが、常時腕を上げてる状態で腕が疲れる。。

◆バイキセノン
明るくてよい。フォグがハロゲンなのでHIDに変えたくなる。



◆ペダル
アクセルペダルはオルガン式から吊り下げ式になってネットで話題になっているが、
アウトバックからの乗換えなので特に違和感無し。
アクセル右横のタイヤハウスがせり出していて、フットレスト的に使えてよい。
ゴルフ3と同じ。アウトバックではなってなかったから残念だったところ。
ACC走行時は特にラク。



◆タイヤ
6月納車のCLデアエアステはダンロップのSP Sport Fast Responseだったけど、ミシュランのエナジーセイバーだった。ミシュラン派なので嬉しい誤算。



◆燃費
中央車線の流れに乗る速度でACC設定。エアコンは着けたり消したりで2/3くらい使用。
119kmで21.2km/Lとカタログ値21.0を僅かに上回った。


アウトバックだと同じような乗り方でカタログ値13.0に対し14台が出てた。
残念な気分でよく考えてみると、、、
カタログ値は純正タイヤでの数値であり、アウトバックの純正タイヤはヨコハマのSUV向けオールシーズンタイヤのジオランダー。
ヨコハマのエコタイヤのブルーアースAに替えて+1km/Lくらいは良化した。
ゴルフ7は既に純正がエコタイヤであるエナジーセイバーだからタイヤによる良化上乗せは期待しにくい。
そう考えるとカタログ値通りで良しとするべきか。

◆ラゲッジ
さすがにアウトバックと比べると狭くなるが覚悟の上。
まあ、今まではリアゲートとフラットで荷物が動いたり転がってた状態だったから、掘り下げ式になって落ち着くかな。

◆色
ゴルフ3もアウトバックも黒だったから、黒以外かつデアエアステのイメージカラーということでタングステンシルバー。


光の当たり方によって見え方が変わり、普通のシルバーとは違って上品で不思議な色。天気によって表情が変わるというか。。。晴れてれば輝くし、曇ってれば深みがでる。あと、光の当たり方で陰影が強調される色だからボンネットのプレスラインが一番キレイにでる。
が、DOのイメージカラーは黒だったな…こればかりは好みかと。

◆総評
まずはゴルフ3に比べ格段の進歩。
質実剛健・実直無骨のイメージから洗練されたスマートさが全面に。正直イメージが狂った/変わった。
内装質感もCセグメントの日本車に比べても格段に上。比較試乗したXVはもちろん、Dセグメントのレガシィより上。ステアリングが軽くて記憶にあるゴルフではなく国産車?って感じたけど、これも進化の形かな?

初日は街乗りのみで諸手を挙げて良い!って気がしなかったが、長距離乗って3日経ち、じわじわと良くなってきた。
乗った瞬間分るような分り易い良さではなく、乗れば乗るほど馴染んでくる気がする。
カレスト座間
. 2013/08/04(日)
子供がゴミ落としたりするから後部座席の足元にトレーを敷こうと思って、カレスト座間へ。
営業マン5人くらいで出迎えられて駐車場に入れたはいいけど、
用品販売はやめて、車両販売のみだとのこと。つまり日産のディーラー。エライ恥かいた。。。

この土日は街乗りだけ。
真のインプレは明日の高速からだな。。
ガススタで満タンにして準備万端。
厚木鮎まつり花火大会
. 2013/08/03(土)
ここ数年毎年恒例の厚木鮎祭り花火大会見物。
 
2010年は海老名側の草むらを伐採した臨時会場で、草の切り跡と虫の多さに辟易。
2011年は震災で開催自粛。
2012年はシロコロ目当てで厚木側。よく見えたけど道の混雑に辟易。

今年は海老名側で3月に開通した圏央道の高架下会場に。
余りの近さで高架が邪魔して肝心の尺玉がよく見えない。。_| ̄|○
好きなスターマインも下半分。。


ま、金麦花火があれば満足( ̄ー ̄)/□

ゴルフ7CL 納車
. 2013/08/03(土)
アウトバック引渡し後、バスでディーラーへ向かうつもりだったが、
営業マンが迎えに参ります、とのこと。
営業マンっぽくないこの営業マンから、初めて営業された感を受けた。
子供2人を連れてディーラーへ。


外観チェック、基本操作の注意点※を受ける。
 ※左サイドミラーのバック連動設定等
分厚い取説と車検証入れを頂いたが取説は困ったときに見る物。
つか、グローブBOXに両方入らない。。。ドアポケットが大きいのでとりあえず助手席ドアポケットに。

車に乗り込んで、では出発の段に、店長とおぼしき方から花束を頂く。


この辺のツメが甘いんだよね。。
dodoが営業マンだったら、乗り込む前に店長・営業マンで並んで
女性社員(ステキな方が数名いる)から、子供(か私)に渡すけどなぁ。

クルマについてはおっかなびっくりでなんとも言えない。
試乗した1.4Lと比べるとエンジンの違いは感じるけど、
足回りの違いは何とも言えない。
エンジンとDSGの慣らしの意識が強くて恐る恐るの運転なので、
制限無しで試乗したゴルフ6TLに比べてもマッタリ感。

と言うことで、乗り換えてバンザイ!って気分では無し。
何より、タングステンシルバーがツマラナイ色に見えてしまって。。。
2台黒を乗り続けてるから、、、かな。。
普通のシルバーと違って、微妙な色合いがシックで上品だとは思うけど。
アウトバック引き渡し
. 2013/08/03(土)
アウトバックを引き渡し。
カーナビのステーの粘着テープが強固で、
無理に剥がしたら内装が一緒に剥がれてきて。。。

「ナビごと渡すしかないですか?。。。」と聞いたら、
「ナビ無し条件ですから、もし頂けれるのなら嬉しいですが、、」との弱気な返答なので、
ステーはそのまま、ナビ本体は取外しで。

2004年1月15日納車、2013年8月3日渡し、3122日、8年6ヶ月22日。
144,491km、トータル実燃費9.63km/L


ちなみにその前のゴルフ3は
1997年4月2日納車、2005年1月14日引渡し、2844日、7年9ヶ月26日。
75,310km、トータル燃費7.74km/L
ゴルフ3の倍の距離を過ごした。
車両感覚はもちろん、全てが手足。
雪道、林道、どこへで行っても安心の相棒。下取先で活躍して貰いたい。
(北の方の店舗に転送されるとのこと)

ありがとう、アウトバック。そしてさようなら。
君といた日々は宝物 そのもの。     BGM by GLAY Special Thanks
ゴルフ支払
. 2013/08/01(木)
8/3納車に向けて着々と手続き進行。

7/29付けでナンバー取得。
数字7コあるけど使われてるのは4種類だけ。覚えやすいかも。

任意保険は
VW営業マンのコンサルを受けて下記を変更。
・搭乗者傷害特約を外す
  → 補償は変わらず。通院日額1万円が無くなる(だけ)
・弁護士費用特約を付ける
  → 10:0で先方負担の事故の場合、こちらの保険会社は窓口になれない。
    しかし、「何でこんなに修理費が高いんだ。国産車相当分しか払わん」
    というトラブルが実際にあり、弁護士で応対したとのこと。
    確かに修理費が高い云々のトラブルは想定されそう。

支払いはニコニコ現金(振込)払い。
仕事では億単位の送金をしたことがあるが、自分の口座から300万を振り込むのは勇気がいった。。
何回、口座名義と番号を確認したことか。。